staff blog 今日はどぅでしょっ?

パーツメーカー展示会

 先日おこなわれたミズタニ自転車とマルイの展示会に行ってきました。

 ミズタニ自転車はシマノの代理店でもあり、自転車ブランドのGUERCIOTTIやタイヤのCONTINENTAL、ペダリングモニターのパイオニア、他にもCHRIS KING、IRC、日東、パークツール、レックマウント、selle SMPなど、多数のブランドを取り扱っています。この問屋さんだけで自転車に必要なものは全て揃うんではないでしょうか。

 楕円チェーンリングでお馴染みの「RIDEA」では流行のビッグプーリーが注目です。

 ビッグプーリー元祖の「BERNER」は当初、上が13T、下が15Tだったと記憶しているが、セラミックスピードが上下17T、RIDEAは上下18Tとプーリーの大径化がエスカレートしつつあります。ビッグプーリーにすることでクランクを回したときのチェーンの抵抗が少ないのは明らかなので、パワーセーブの恩恵があるのも間違いなさそうです。プロ選手の使用率が増えてきていることがそれを裏付けています。ただ、変速性能は純正プーリーを使用したときよりも良くなるはずはなく、変速性能の低下をどれだけ少なく抑えるかは組み手の技量にかかっていると言えます。

 

 スギノからは圧入フレーム用のボトムブラケットの新製品が登場しています。スギノのBBはもともと精度がよく出来ていたので音鳴りの原因になることは少なかったですが、新型の「POWER SLEEVEシリーズ」は締めこんで固定できるようになったのでより信頼性が高いです。

 


 続いて「マルイ」の展示会です。マルイではCENTURIONやSCHWINNの完成車をはじめ、ホイールはDT、タイヤはMAXXIS、他にもTIOGA、FINISHLINE、日東、ダイアコンペなど幅広く取り扱っていて、中でも便利グッズの宝庫「TOPEAK」製品が主力ブランドとなっています。

 

 こちらのサドルバッグはスペアタイヤ(チューブラー)やスペアチューブの収納に特化しており、スマートに携帯できるようになっている上、ゴム製品を紫外線から守る効果があります。

 昨年より取り扱い開始した「ADEPT」はアイディア商品が多数あり、痒いところに手が届くパーツブランドです。

 ステムやボトルケージに使える便利なステンレスボルトのセットや、あえて着脱式ではないスマートなライトなんかはありそうでなかった商品です。

 この時期(8月~10月)は毎週のように都内各地でメーカーの展示会があります。自転車店はなぜか水曜日休みのところが多いので、展示会もそれに合わせて主に水曜日に行われます。

 どこか1箇所でまとめて「合同展示会」みたいなのをやってくれると毎週のようにあちこち行かなくて済むんだけどなぁ。

text■塚田

人気のミニベロ

 2018年度フルモデルチェンジしたGIANT人気の20インチミニベロ、「IDIOM」シリーズが入荷しました。

 フレームの素材を上位モデルが採用する「ALUXX SL-Grade」にグレードアップ。ダウンチューブを大胆なエアロ形状にして、ケーブル類が内蔵されます。エアロ化によってボリュームアップしたように見えるフレームですが、前作よりも100g軽量化しているというから驚きです。

 

IDIOM 2 ¥63,000 +TAX
IDIOM 2 ¥63,000 +TAX

 エントリーグレードの「IDIOM 2」はフロントシングル、リア8スピード仕様。重量は9.5kgと軽量に仕上がっています。カラーはレッドとマットブラックの2色展開。

 

IDIOM 1 ¥75,000 +TAX
IDIOM 1 ¥75,000 +TAX

 ミドルクラスの「IDIOM 1」は当店では一番人気です。フロントダブル、リア9スピード、メインコンポがシマノSORAです。ギア段数が多い分、走破性が格段にアップします。カラーはマットブルーとパールホワイト。

 

IDIOM 0 ¥125,000 +TAX
IDIOM 0 ¥125,000 +TAX

 トップクラスの「IDIOM 0」はさらにハイスペックです。シマノTIAGRAフルコンポ、ドロップハンドル仕様の2x10スピード。ホイールはディープリムでフロントフォークはカーボンを採用。重量はロードバイク並みの9.0kg

 この仕様ならロードバイクと対等に走れそうです。パーツカスタムやコンポのグレードアップで色々と楽しめそうな一台ですね。

 

 画像で紹介した3台は店頭に展示車がございますので興味のある方はぜひご来店の上、実物をご覧下さい。

 ミニベロは意外と生産台数が少なくて早期に完売となることがあるので、お早目の方がいいかもしれません。

 

text■塚田

いつかはTIME

 先日、入荷待ちだったTIMEの2017年モデル「IZON」がようやく入荷しました。

 注文したのが3月だったので納期は7ヶ月(通常は約3ヶ月)ということです。2018年モデルも既に流通が始まっているこの時期まで納期が遅れることは稀です(一体何をやっていたんでしょうか)

 

 このフレーム、電動コンポはケーブル類が全て内装されますが、機械式コンポの場合はシフトケーブルが「外出し」になります。

 今時のフレームは何でもかんでも内装が当たり前となっていますが、機械式コンポのケーブル内装にメリットはあまりないように思えます。空気抵抗?ワイヤーが受ける空気抵抗って一体どのくらいだろう?

 

 一部の内装フレームは、ワイヤー交換が恐ろしく手間がかかったり(ル○クの○○やメ○ダの○○など)、ーム内部とケーブルの摩擦でシフト操作が重たかったり(コ○テ○クの○○など)(結果としてワイヤーの寿命が短い)と整備性が悪くなる一方で、得られるメリットは「見た目すっきり」と「微少な空気抵抗低減」くらいなものでしょうか。

 電動コンポの場合は、電気ケーブルやバッテリー類を保護するために内装が好ましいのは言うまでもありません。内装することで操作性に影響は皆無だし、ケーブルの交換頻度も圧倒的に少ないのでデメリットはほとんどありません。

 BBの形式はは「BB30」を採用しています。最近あまり見かけなくなった形式です。最近のカーボンフレームではPRESSFIT86.5とBB386EVOとPRESSFIT30の3種類がよく見られます。これらに共通するのは、BBにアルミのスリーブを設けずにカーボン部分直接BBを圧入します。これによってフレーム重量の公称値を軽くすることが出来るうえ、製造コストの面でも有利になります。

 

 BB30は音鳴りしやすいと言われることがしばしばあります。BB30専用クランクを使用する場合はフレーに直接シールドベアリングを圧入してクランクを取り付けるので構造上鳴ることはありました。シマノクランクを使用する場合はベアリング入りのアダプターを圧入するのですが、この場合はBB30に限らず他の圧入BBも同じです。スレッドBBのフレームに比べれば組みつけに工夫が必要なのは確かですが、圧入BBのフレームはどれも似たようなものです。

 特殊形状のシートピラーは専用品が付属します。このピラーとフレームのはめ合い寸法はかなり精度が高いです。ピラーを押し込むとフレーム内の空気が圧縮されているかのような感触があります。ピラー自体は結構肉薄なのですが固定に不安を感じません。このあたりの造形技術はさすがTIMEです。

 また、オリジナルのカーボンボトルケージ(1コ\7000)がダブルで付属します。オマケとしては豪華ですね。

 

 やっぱりデザインは2017年モデルのほうが断然カッコいいですね!

 

text■塚田

初心者向きロードバイク

 自転車に乗るにはちょうどいい季節です。この時期に新しくロードバイクやクロスバイクを購入検討されている方も多いかと思います。

 チェレステカラーでお馴染みの、イタリアの老舗ブランド「Bianchi」から入門用におススメのバイクが入荷しました。

 

 まずは、エントリーグレードのロードバイク「VIA NIRONE 7 SORA」。軽量に作られたアルミフレームにフロントフォークはカーボン製。コンポーネントはエントリーグレードながらも上位グレードに引けをとらないシマノのSORAで統一されています。

 ブレーキやクランクも同一グレードで揃えることでコンポーネントとしての本来の性能を発揮する、というのがシマノの考えです。

 

 初めてロードバイクを買おうとしている方は、どういうのを買ったらいいのか悩むことが多いと思います。お店でもしばしば「初心者向きのロードバイクはどれですか?」という聞かれ方をするのですが、はっきり言ってしまうと、「初心者向きのロードバイク」なんていうものはありません(「初心者に向かないロードバイク」は存在します)。

 決して安い買い物ではないので、自転車選びで失敗はしたくないでしょう。選ぶ基準となるのは予算・見た目の好み・体格・用途などで、初心者かどうかは選ぶ上ではあまり関係がありません。結局のところ、欲しいのを買えばいいんですが、接客でそう言うわけにはいかないのでもちろんアドヴァイスはさせていただきます。

 フレームを含めた部品は基本的に全て交換が可能なので、あとから少しずつ変えて自分好みにカスタマイズするのも楽しみ方のひとつです。

 

 つづいてはクロスバイクの「ROMA3」。マット仕上げのチェレステカラーにシルバーのロゴがきらりと光ります。ディスクブレーキ仕様なのでホイールのリムも全てチェレステに塗られています。フロンドダブル、リア8スピードで街乗りからロングツーリングまであらゆる用途に対応します。

 ディスクブレーキ仕様のクロスバイクは意外と種類が少ないのですが、ロードバイクよりもクロスバイクの方がディスクブレーキのメリットが大きいと思います。安定した制動力と、ブレーキによってリムが磨耗しないのが利点です。

 

 ロードバイクを買うかクロスバイクを買うか迷っているとしたら、用途でだいたい決まってきます。自転車に乗ることが「目的」なのであれば、ロードバイクをおススメします。自転車に乗ることが「手段」なのであれば街乗りの利便性が高いクロスバイクの方が適している場合があります。クロスバイクを買ったけど、やっぱりロードバイクが欲しくなるパターンも結構多いので、迷ったら「欲しい方を買う」っていうのが大事なんだと思います。

 

text■塚田

お待たせしました

 長らく欠品中だったリム「TNI AL22」が入荷しました。

 これで「例のホイール」が組みまくれます。お待ちのお客様、もう少々お待ちください。

 

<追記>とりあえず客注分が組み終わり、店頭在庫分もご用意できるようになりました。

 

text■塚田

LOOK 2018年モデル

785 HUEZ RS フレーム価格 ¥380,000 +TAX
785 HUEZ RS フレーム価格 ¥380,000 +TAX

 フランスを代表する高級ブランド「LOOK」の2018年モデル展示発表会にいってきました。

 フランスの高級ブランドと言えば、LOOKとTIMEが2大ブランドとしてしばしば挙げられます。どちらのメーカーもペダルの製造から始まって、金属フレームが全盛だった1980年代にいち早くカーボンフレームの製造を手がけるようになり、カーボンフレームの先駆的スペシャリストとして現在の地位を築きました。

 

 2018年モデルはデザイン的に「やっちまった感」のあるTIME社に対して、LOOK社は今までになかった超軽量な新作フレームを発表して話題を集めています。ほとんどのメーカーが既存のフレームにディスクブレーキをくっつけて「2018年NEWモデル」として発表しているなかで、LOOKの「785 HUEZ RS」は完全なる新作で、しかもリムブレーキ仕様のみ。他のモデル(MTBを除く)もディスクブレーキ仕様は出しませんでした。全体の流れに逆らうようでもありますが、個人的には好感が持てます。2018年は「LOOK推し」でいくかもしれません。

 

 新モデル「785 HUEZ RS」の詳細は既にメディアでも報じられていますが、まず取り上げられるのがその重量。フレーム730g、フロントフォーク280gとかなり軽量に仕上げられているのがわかります。数字だけ見ると他にももっと軽いフレームはあるし、同等の重量のモデルだって数多く存在します。しかし、このフレームをLOOKが作ったということに大きな意味があります。

 BB形式はシマノとも互換性が高いプレスフィット86を採用(ZED2クランク付属の「785 HUEX RS ZED」はBB65)。フレーム内部を見ればプリプレグ積層の丁寧な仕事がうかがえます。多種類のカーボン素材を使い分けることで、剛性や強度を犠牲にすることなく、厚さわずか0.6mmの極薄なチューブに仕上げています。

 気になる価格はフレーム単体で¥380,000(税別)、フレーム+ZED2クランク+BBで¥480,000(税別)。

 このフレームは2018年度の大ヒットモデルになるのはまちがいなさそうです。ヒルクライムレースの会場はLOOKだらけになるかもしれません。

 

 785 HUEZ RSの下位グレードに、同じ形状でカーボン素材を変更してコストを抑えた「785 HUEZ」があります。こちらはフレーム990g、フロントフォーク350gと、数値上はいたって平凡。完成車仕様のみでの販売となり、ULTEGRA完成車(7.9kg)で¥399,800(税別)、105完成車(8.2kg)で¥320,000(税別)、まさに「憧れのLOOKがこの価格で」といった感じでしょうか。

 

 フラグシップモデルの「795シリーズ」はディスクブレーキ搭載は見送られ、細かな改良が加えられてメンテナンス性と操作性が向上しました。名称もブレーキ内蔵の「795 AERO LIGHT RS」とノーマルブレーキの「795 LIGHT RS」となり、前作同様、エアロステム、Eポスト2、ZED3クランクが付属します。

 ヘッド周辺のケーブルルーティーンが見直され、組付けやケーブル交換が大幅にやりやすくなりました。ハンドリングも良くなっています。さらにDi2のフレーム内蔵ジャンクション(EW-RS910)に対応するようになりました。

 

 765シリーズは「765 OPTIMUM」に名称変更で仕様は継続です。765 HMは「765 OPTIMUM RS」に名称変更です。予想外だったのが、695 LIGHTと695ZR UDも継続となっていることでした。まさに「不朽の名作」フレームですね。

 

 LOOK 2018年モデルの受注を本日から開始いたします。初回注文分に関しましては特別割引(10月末まで)もございますので、ご予約はお早めに!

 

text■塚田

0 コメント

本日のサイクリング会(相模川)

 本日久しぶりのサイクリング会を行いました。すっかり秋らしくなり、サイクリングにはピッタリの気候ですね。

 今日のコースは相模川の川沿いと境川のサイクリングロードを織り交ぜた初心者向きの約36km。

 風を感じながらのんびりと走ったので、汗をかくこともなく気持ちよく走れました。休憩ポイントは相武台の近くにあるパン屋です。何度か訪れたことがある店ですが今日はあまり混んでいませんでした。

 

 自転車に乗って美味しい物を食べに行く、これもサイクリングの楽しみ方のひとつです。「スポーツの秋」と「食欲の秋」を二つ同時に楽しめちゃうのでこの季節は本当にいいですね。

 

text■塚田

0 コメント

RIDLEY FENIX C

FENIX C  メーカー価格¥260,000 +TAX
FENIX C メーカー価格¥260,000 +TAX

 ベルギーブランド「RIDLEY」の2018年モデルが入荷しました。

 プロチームにも供給される「FENIX SL」の形状をそのまま受け継ぎ、カーボン素材を変更することでコンフォート性能をさらに高めたのが、今年度から新たに登場したFENIX Cです。フレームはFENIX SLと比べて80g程度の重量増に抑えられており、より一層コストパフォーマンスが高められています。

 

 FENIX Cは105コンポ(フル装備)で組まれた完成車での販売となります。完成車状態で重量は8.6kg。ホイールを工夫すればヒルクライムバイクにもできそうです。

 標準装備のタイヤは現在主流の700x25cですが、最大28c~30cのタイヤも装着可能な設計となっています。この28c装着可能なロードバイクというのも今年度のトレンドのひとつです。28cくらいのタイヤなら多少の悪路も走れてロングライドにピッタリですね。

 カラーは2色。プロチームと同じデザインのブラックと、ゴールドのラインが渋いダークメタリックブルー。今ならどちらも店頭でご覧になれますよ。

 

 

text■塚田

 

2018メーカー展示会

 先日、メーカー展示会があったので行ってきました。

 まずはトライスポーツ。TNI、CORIMA、TUFOなどの製品を取り扱う輸入代理店です。

 トライスポーツの主力ブランドのひとつでもある「FACTOR」はイギリスのフレームメーカーで、ワールドツアーチーム「AG2R」に供給するようになり、知名度も上がりました。

 エアロロードの「One」と「One-s」は空力を考えてダウンチューブに大きなスリットが入った独自の設計が目をひきます。プロチームがメインで使用する「O2」はフレーム重量がわずか740gの軽量モデルです。2017ツール・ド・フランスでも山岳ステージを中心に大活躍しました。

 

 既に一定の市民権を得たビッグプーリー。トライスポーツではTNI、BERNER、CERAMICSPEEDの3社の製品を取り扱っています。CERAMICSPEEDのビッグプーリーを組み付けたディスプレイが設置してあったのですが、クランクを回してみるとあまりの軽さに驚きます。ここまで抵抗の少なさを実感できると実際に導入してみたくなりますね。

 

 

 続いて、フタバ商店ではREYNOLDSやVISIONのホイールや、当店でも人気の高いLIZARDSKINSのバーテープを取り扱う輸入代理店です。

 奇抜なデザインの楕円チェーンリング「ABSOLUTE BLACK」はシマノクランク用に設計されており、たわみにくいチェーンリングが変速ミスを防ぎます。

 ホイールはワイドリム化したカーボンクリンチャー(チューブレスレディ)が今後のトレンドのようです。

 やはりロードもチューブレスの時代がやってくるのでしょうか。ホイールブランドでは「MAVIC」、完成車ブランドでは「GIANT」、この大手2社がこの流れを牽引すれば普及するのはあっという間かもしれません。

 

text■塚田

ディスクロードはまだ買わない

 GIANT2018年モデル「DEFY ADVANCED1」が入荷しました。

 カラーはマット仕上げのネオンレッドにロゴは明るいブルー。蛍光色+補色の組み合わせは目にチカチカきます。薄暗い中でもかなり目立ちそうです。

 カーボンフレーム、新型ULTEGRA、油圧ディスクブレーキ、スルーアクスルハブ、超ワイドギア、チューブレスタイヤ、などなどと最新トレンドの技術が「全部のせ」となっています。

 ステムの前方に取り付けられたこの部分はディスクブレーキを操作する油圧タンクとなっています。油圧タンク内蔵のSTIレバーも存在しますが、これがあることでノーマルのSTIレバーで油圧ブレーキが引けます。Di2化したり、コンポをグレードアップするときにブレーキ周りをいじらずに澄むので拡張性が高まります。

 

 GSタイプのリアディレーラーとカセットは11速の11-34T。クランクはコンパクトの50-34Tだから、インナーxローはギア比が1:1です。これなら垂直な壁も登れそうです。

 

 リアエンド幅は142mmまで広げられ、反フリー側にディスクローターがくるのでリアホイールのオチョコ量が少なくなります。左右のスポークテンションの差も少なくなり、ホイール剛性が上がります。

 

 スルーアクスルのホイールの着脱は意外とかんたんです。ホイールがずれたりすることがなく、毎回確実に同じ位置に装着されます。

 

 GIANTオリジナルのチューブレス(レディ)ホイールとタイヤ。シーラントを注入することが推奨されていますが、シーラント無しでも十分に使えるくらい気密性は高いです。標準装備は700x25cですが、クリアランスは十分に確保されているので28cはもちろん、物によっては32cくらいまで装着できそうです。

 

2018 DEFY ADVANCED 1  ¥240,000 +TAX
2018 DEFY ADVANCED 1  ¥240,000 +TAX

 もはやこれは「未来の乗り物」といった感じがします。どこへでもどこまでも走って行けそうなポテンシャルがあります。乗り心地も最高なんでしょうね。

 それにしてもこの価格設定(税別¥240,000)、何かの間違いかと思えるほど攻めています。「そろそろディスクロード買おうかな」と思わされてしまいます。

 

text■塚田