staff blog 今日はどぅでしょっ?

2017年

8月

11日

MAVICチューブレスホイール

メーカー価格¥130,000(税別)
メーカー価格¥130,000(税別)

 MAVICの新型チューブレスホイール「キシリウムPRO UST」が入荷しました!2018年のMAVICはホイール界に旋風を起こすかもしれません。各方面でいろいろと話題になっています。

 実測重量はフロントが600g、リア825g、タイヤが255g。なんと前作のクリンチャー仕様のキシリウムPROよりも、ホイール前後で50g、タイヤ込みだと前後で120gの軽量化です。チューブレス化によって軽さも手に入れられるというのは思ってもみなかった嬉しい誤算です。

 

 ご希望の方にはタイヤの付け外しを店頭で実演します。レバー無しで着脱ができ、ハンドポンプでもビードがしっかり上がります。クリンチャーよりもかんたんなのがわかるかと思います。

 今ならキャンペーンにつき、MAVICのチューブレスホイールをお買い上げの方にオリジナルのロゴ入り携帯ポンプがプレゼントされます(先着300名)。

 

text■塚田

2017年

8月

10日

ハブのオーバーホール

 カンパニョーロ「シャマルウルトラ」のハブをオーバーホールしました。

 ベアリングがメンテナンスフリーのMAVICと違って、カンパニョーロやフルクラム、シマノのホイールは定期的にグリスアップが必要となります。

 こちらはリアの反フリー側のベアリングです。フロント(画像がありませんが)と同様、まだ比較的綺麗な状態です。念のため古いグリスを除去して玉押しとワンをチェックして新しいグリスを入れます。

 (ちなみに、これのフロントハブ(新型)を分解するときは注意が必要です。罠が仕掛けられているので、間違った手順だとハブシャフトを潰してしまいます。)

 同じホイールのフリー側はこんな感じです。グリスが黒っぽくなっていて全体的に汚れています。フリー側のほうが外部から異物が進入しやすいのと、フリーのラチェットの磨耗片がベアリングのグリスと混ざるので汚れやすくなっています。この状態を放置すると汚れの粒子が研磨剤の役割をしてベアリングや玉押しの磨耗を早めます。

 綺麗にしました。ワンの磨耗痕に虫食いは見られないので問題なさそうです。

 

 使用状況や走行距離にもよりますが、年に1回くらいはベアリングの状態をチェックすることをおススメします。部品交換が必要でなければ即日お渡しも可能です。

 

text■塚田

2017年

8月

06日

本日のサイクリング会(よみうりCC)

 今日は気温も湿度も高く、汗が吹き出る暑さでした。

 今回のコースは稲城方面へ向かい、距離がいつもより長めでちょっとした登りが2回登場します。稲城市のよみうりCC・よみうりGC周辺は上り坂が多く、京王よみうりランド駅からよみうりランドに抜ける通称「ジャイアンツ坂」も有名です。

 最初の登りは稲城駅から日本山妙法寺までの坂。最後が行き止まりなので交通量が少なく、道も新しいので登りやすいです。途中で多摩地区の町並みが見渡せる眺望があります。

 二本目は駒沢学園入り口から東京よみうりカントリークラブ入り口までの坂。こちらの方が斜度がきつくてヘロヘロになりました。

 さらに、今回はある商品を試しに使ってみました。OTIONというメーカーの「ブレーキ&シフターレバーグリップ」です。かんたんに言うと、STIレバーに貼り付ける滑り止めです。

 裏面が強力な粘着テープになっていて、伸縮性があるので曲面にも綺麗に貼ることができます。

 表面はマイクロ織毛が施されおり、ヤモリの皮膚のような感触とうたっていますが、子どもの頃以来ヤモリを触っていないのでいまいちピンと来ません。ゴム製の細くて短い毛がびっしり生えている感じです。

 

 指先のかかりが良くて、道が荒れた下り坂でも指がブレーキレバーから外れる心配がありません。押すとわずかに凹むような独特の感触があって、触っていて気持ちいいのでつい指先で弄ってしまいます。厚手のグローブが必要になる冬場も効果を発揮しそうです。好き嫌いが分かれる商品ですが、私は気に入りました。

 シマノ用(メカ・Di2)とスラム用、カンパ用があります。左右セットで¥2100(税別)です。

 

text■塚田

0 コメント

2017年

8月

01日

新色ペダル

新色ダークグレーです。
新色ダークグレーです。
こちらは従来モデルです。
こちらは従来モデルです。

片面SPDペダルの最上位モデルPD-A600に新色が追加されました!

従来の色は渋いシルバーでしたが、今回は落ち着いた色で多くのバイクに合わせやすいと思います。

カラーが選択できるようになったのでドレスアップはもちろん、最軽量SPDペダルですので軽量化にもオススメです。しかもダークグレーは従来カラーよりも500円以上も安くなりました!

お店にも入荷してますよ!

2017年

7月

29日

キシリウムエリート

 良いホイールなんだけどなぜかあまり評価されていないMAVICのミドルグレード「キシリウムエリート」。これとよく比較されるモデルにカンパニョーロの「ZONDA」があります。アルミリム+ステンレスエアロスポークの軽量・高剛性ホイールで重量も同じくらいです。ところがホイール前後の価格が4万円くらい差があります。MAVICの方はタイヤ・チューブが付属するとはいえ、これでは圧倒的に不利です。ライバルが強すぎます。

 

 それでは、値段のハンディを取っ払って勝負できるようにしましょう。

メーカー価格¥113,400のところ、在庫限り¥6?,800(税別)!!

 これなら十分に戦えそうです。ちなみにもう一度言いますが、MAVICはタイヤ・チューブが付属しますよ!ハブのカラーも選べてオシャレです(ブラックは完売、レッド・ブルー・ホワイト在庫あり)。上級グレードと同様のISM4Dリムを採用しているのでトルクの掛かりが良く耐久性が高いのでトレーニング~レースまであらゆる用途に使えて便利です。

 

text■塚田

2017年

7月

22日

MAVICホイールスペシャルセール!

 軽い・速い・丈夫なカーボンクリンチャーホイール「MAVIC キシリウムPROカーボンSL C」がお買い得です。

 こちらのモデルは2018年度のモデルチェンジでチューブレスタイヤ対応に仕様変更となります。チューブレス化することでブレーキ熱によるバーストのリスクがなくなり、転がり抵抗の低減や乗り心地がよくなるなどのメリットはありますが、「クリンチャーで十分」という方にはかなりお得なチョイスになると思います。

 ロングライドやヒルクライムはもちろん、レースでもバリバリ使えるオールマイティーなホイールです。

 

 モデルチェンジにより廃盤商品となるため、価格も限界突破です。

 タイヤ・チューブ付きでメーカー価格¥302,400のところ、

現金特価¥○68,000(税別)!!

こんな値段じゃもう買えませんよ!

 

text■塚田

0 コメント

2017年

7月

15日

今年の山岳賞モデル?

 GIANTから超お得なチームレプリカモデルが今年も登場します。現在行われているツール・ド・フランスでも活躍するプロチーム「Team SUNWEB」のチームカラーを纏った「TCR ADVANCED PRO TEAM 2018」です。

 

フレーム:フルカーボン910g

フォーク:フルカーボン340g

ホイール:GIANT SLR1フルカーボン(チューブレス対応)

コンポ:新型アルテグラR8000フルコンポ

完成車重量:6.9kg

メーカー価格¥350,000(税別)

サガミ特価¥315,000(税別)

 

 スペックを見るとコストパフォーマンスの高さがうかがえます。フレーム単体価格¥220,000(税別)とホイール前後の価格¥150,000(税別)だけですでに完成車価格を超えちゃっています。「フレームとホイールを買うと割引した上、アルテグラコンポをタダでどうぞ、ハンドル・ステム・サドル・タイヤもおまけ!」っていう太っ腹っぷりです。

 

 今ご予約いただくと、8月中旬の入荷予定となります。

昨年は早い段階で完売となりましたので、狙うなら今年はお早めに!

 

text■塚田

0 コメント

2017年

7月

09日

本日のサイクリング会(プロローグ)

 まだ7月も始まったばかりだというのに、今日も真夏日の暑さ。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょう。そんな中、本日はサイクリング会を行いました。暑さに負けてられません。

 コースはお馴染みの青葉台方面にある人気パン屋へ向かいます。ボトルに水をたっぷりと入れて、水分補給はこまめにとるようにします。

 往路は川沿いのサイクリングロードをのんびり走りましたが、川沿いって意外と日陰が少ないんですね。信号で止まるたびに電柱などのちょっとした日陰を奪い合います。

 復路は木陰の多いコースにしました。マウンテンバイクでご参加いただいた方もいたので、ちょっとした砂利道やアップダウンなども取り入れてみました。こうも暑いと単調な道路を延々と走るのはしんどいので、いろいろと変化があると楽しめますね。

 

 次回は未開拓の新たなコースを考えようと思うのですが、目的地などでなにか良い案があればご意見ください。

 

text■塚田

0 コメント

2017年

7月

06日

MAVIC現行モデル在庫限り!

 先日行われたMAVICの新製品発表では多くのモデルが仕様変更することになりました。そこで、廃版となる現行製品を超特価にて在庫一掃セールを実施中ですが、残りがだいぶ少なくなってまいりました。なくなり次第終了です。いつもなくなってから在庫の問い合わせが殺到します。ぜひともお早めに。価格は恐ろしくてここでは書けませんので、店頭でお確かめください。

 

キシリウムPRO CARBON SL C ¥302,400 残りわずか

キシリウムPROエグザリットSL ¥248,400 残り1ペア

キシリウムPROエグザリット  ¥183,600 残り1ペア

キシリウムPRO SL       ¥151,200 残り2ペア

キシリウムPRO        ¥151,200 残り1ペア

キシリウムエリート(各色)  ¥113,400 残りわずか(BLACK完売)

<2017年7月6日時点>

 

 特に「キシリウムPROエグザリットSL」と「キシリウムPRO SL」は今後入手できなくなる従来の「ナローリム仕様」ですので早めに確保しておいた方が良さそうです。(ちなみに唯一「R-SYS SLR」のみナローリムのクリンチャー仕様にて継続販売されます。)

 

 2018年モデルの新製品も7月中に注文いただければ8月にはお渡しできる(予定)ので、いち速くニューモデルを試したい方はお早目のご注文をお願いいたします。

 

text■塚田

 

0 コメント

2017年

7月

01日

新型フロントディレーラー

品番はFD-5801に変わりました
品番はFD-5801に変わりました

 DURA-ACEに続き、モデルチェンジした新型ULTEGRAも入荷してまいりました。そのモデルチェンジの影で105のフロントディレーラーもこっそりとマイナーチェンジしております。従来のロングアームタイプから、新型デュラエースやアルテグラと同じコンパクトな設計に変わりました。

 

 従来のロングアームタイプだと、フレームの形状(ケーブルの取り回し)によってはシフト操作が重くなる場合がありました(正直、少々無理のあるフレームもいくつかありました)。シフト操作が重たければそれだけケーブルやシフターに負担がかかっていることになります。今回のデュラエースとアルテグラのモデルチェンジは全体的にやや地味な印象がありましたが、メカニックの立場からするとこのフロントディレーラーのモデルチェンジが最も好印象でした。圧倒的に組み付けしやすいし、安定した操作感が得られます。

  

 DURA-ACE 9000、ULTEGRA 6800、105 5800シリーズをお使いの方でフロント変速操作が重く感じている方は、フロントディレーラーだけでも変える価値はあります。劇的にスムーズになりますよ。

 

text■塚田

0 コメント