staff blog 今日はどぅでしょっ?

シマノ展示会

先日、シマノの展示会に行ってきました。今回の注目はやはり新XTR(M9100シリーズ)でしょう。

新XTRは変更点が多く、特にドライブトレインは一新されています。デザインは旧M9000シリーズの進化版というより旧M980シリーズの進化版という感じです。画像で見るよりかなり高級感があります。個人的にはかなり気に入りました。

 

主な変更点は…

待望のリア12スピード化(だけど11スピードもラインアップしている)

スプロケットのロー側をスポーク側にオフセットさせることによって12スピードを実現しています。11スピードは軽量なXCレース向きとなります。新型リアメカは13Tのビッグプーリー仕様になります。チェーンも新型のCN-M9100(12速/11速両対応)が発売されます。新チェーンは旧11スピード環境(ロード/MTB)でも使用可能とのことです。また新チェーンのピン形状に合わせた新型チェーンカッター(TL-FC35/FC29)も発売されます。チェーンの接続はクイックリンクのみとなります。

トップ10Tに対応した新スプロケット、新フリーボディ

現状では10-51T(12速)、10-45T(12速/11速)のみのラインアップとなります。

トップ10Tを実現するために細身のマイクロスプラインフリーボディ仕様になっています。フリーはラチェットが静かでロスの少ないサイレンス機構となります。現状ではこのフリーボディに旧スプロケットの装着はできない模様です。アダプターを使用して従来のスプロケットが使用できれば良かったのですが…。

チェーンリングの固定がダイレクトマウント方式になった

今までのように4アームにボルトで固定するのではなく、センターロックタイプになっています。素早く確実な装着が可能ですが、チェーンリングの交換にはクランクをフレームから外す必要がありそうです。専用工具(TL-FC41)はクランクに付属される予定です。

フロントシフトは1本のレバーで操作するようになった

レバーを押し込むとワイヤーを巻き取ります(トップ側にシフトする)。この状態でレバーをカチッと軽く押すとワイヤーを解除します(ロー側にシフトする)。SRA●のダブルタップのような操作ですが操作感は軽くて好印象です。

■この他にも4ピストンブレーキキャリパーやストレートスポークに対応したハブ、シートポストレバー、チェーンデバイスのラインアップ等、いろいろアップデートされています。

モノレバーです。
モノレバーです。
かなり高級感があります。
かなり高級感があります。
新チェーンCN-M9100
新チェーンCN-M9100
リア用レバーです。
リア用レバーです。
PROTO TYPE…
PROTO TYPE…
新ペダルPD-M9100
新ペダルPD-M9100
ついにビッグプーリー化です。
ついにビッグプーリー化です。
センターロックタイプです。
センターロックタイプです。
新ペダルPD-M9120
新ペダルPD-M9120

実はE-BIKEの展示にはかなり力が入ってました。最大のコンポメーカーからのE-BIKEコンポなので今後の勢力図が一気に書き換わる可能性がありますね。


そしてパワーメーター付きクランクFC-R9100-P!

さすがメーカー純正だけあってコンパクトに収まってます。言われなければパワーメーター付きと分からないかも…。


そ   し    て    !

 

ただ今当店ではこのFC-R9100-Pが期間限定で25%OFFですよ!コチラ>>

(しっかりセールストーク)。

FC-R9100-P

 シマノ製のクランク一体型パワーメーター「FC-R9100-P」が発売されてから1年ほど経過するが、まだまだお目にかかる機会は少ない。

 

同じクランク方式のパイオニア「ペダリングモニター」と比較されることが何かと多く、当店での販売実績は圧倒的にパイオニアの方が多い。

 

パイオニア独自の「ペダリングパワーをベクトル表示する機能」が他にはない機能としてヒットした要因であり、さまざまなメディアでもとりあげられ、強くなりたいアマチュア選手やより多くの走行データを収集したいホビーライダーにとっての必須アイテムとなった。また、「パワーメーターブーム」にもうまく乗って高額商品でありながらも販売数を伸ばした。

 

やや後手に回ってしまったシマノがパイオニアに対抗するには、Di2との連携などといった独自機能をもっと盛り込んだ方がよかった気もするが、あくまで基本的な機能をベースにコンポメーカーとしての信頼性と価格面で優位に立とうということのようです。

 

DURA-ACEのノーマルクランクが¥58,779(税別)なので、パワーメーターに相当する部分の金額は¥92,066(税別)となり、パイオニア(クランク別売)の¥129,600(税別)より3割くらいは安い。

 

しかし、これではまだ弱い。

 

これが25%OFFだったらどうだろうか

 

シマノFC-R9100-P メーカー価格¥150,845(税別)のところ、

25%OFF ¥113,130(税別)

 

これならクランク込みでもパイオニアより安い。価格でしか訴求できないのは残念ではあるが、安さは正義なので仕方あるまい。

 

というわけで、デュラエースクランク一体型パワーメーター「FC-R9100-P」を期間限定で25%OFFにて販売いたします。遠方のお客様は通販でも買えます >>こちら

お近くの方はなるべく店頭にてご注文ください。納期は1週間程度です。

 

期間限定ですが、いつまでというのは実はまだ決まっていません。メーカーの在庫量などによって予告なく終了する可能性がありますので、予めご了承ください。

 

 

text■塚田

 

FC-R9100-P

メーカー価格:ギア付¥150,845(税別)、ギアなし¥133,768(税別)

重量:691g(ノーマルクランクとの重量差約70g)

充電時間:約2.5時間

連続動作時間:約300時間

無線通信方式:Bluetooth LE 、 ANT+ 

主な機能:左右のペダリングパワー、トルク効率、ペダルスムーズネス(ペダリング効率)、ケイデンス、バッテリー残量表示、など

0 コメント

SKpininfarina

 DEROSA SK Pininfarinaの限定完成車を組みました。

 

この限定完成車はイタリアの老舗フレームメーカーDEROSA社と、同じくイタリアのパーツメーカーCAMPAGNOLO社がコラボレーションすることで実現した、日本国内限定の特別仕様です。

 

こちらのフレームには通常仕様にはない、「Campagnolo」ロゴと「Pninfarina」ロゴがあしらわれています。

 フレームを箱から取り出します。やはりDEROSAはブルーが美しい。画像ではわかりにくいですが、マット塗装の部分とグロス塗装の部分に綺麗に塗り分けられています。

 

 メインコンポはもちろんカンパニョーロ。しかも最新最上級の「SUPER RECORD 12SPEED」。組みつけ方などに関しては前モデルと大幅な変更点はなさそうです(初めて組むぜ)。ブレーキキャリパーはダイレクトマウント方式です。

 

 ついついスプロケットの枚数を数えてしまいます。ちゃんと12枚あります。

 

 特に苦労せず組めました。やっぱりフレーム単体で見るよりも完成車に仕上がったときの方が断然美しい。フレームと同色に塗られたオリジナルのステム一体型ハンドルが特にいいですな。ここまでの一体感は通常の市販品では出せません。

 

贅沢を言えばホイールをもうちょっとグレードアップしたくなっちゃいます。標準でシャマルウルトラが付いているんですけどね。贅沢すぎますよね。

 

以下スペック

フレーム:SK Pininfarina 限定カラー サイズ50

コンポーネント:CAMPAGNOLO SUPER RECORD 12SPEED

ホイール:CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA

タイヤ:Vittoria CORSA 700x25c

ハンドル:URSUS Magnus H01 フルカーボンステム一体型

サドル:Selle ITALIA SLR KIT Carbon

 

この仕様で設定価格が90万円税別)!!部品の価格を足し算していったら、とてもじゃないけど100万以内には収まりません。「安い!」とは言えませんが、とても価値あるプレミアムな1台です。欲しい!

 

SK Pininfarina  ¥348,000 +TAX
SK Pininfarina ¥348,000 +TAX

通常モデル(2019)のフレーム単体も入荷しています。

ぜひぜひ実物をご覧に店頭にお越しください。

 

text■塚田

0 コメント

期間限定ホイールセール!!

 期間限定でDURA-ACEホイールのスペシャルセールを開催します!

 

先日閉幕したツール・ド・フランスでも数多くの勝利を量産し、その高い性能はお墨付きです。

その割には一般ユーザーの使用率が低いような気がするのは、やっぱり価格なんでしょうか。

デュラーエースですからね。高いですものね。

 

そこで!

 

DURA-ACEホイール全シリーズ+RS700シリーズのホイールを

現金特価で何と25%OFFにて販売いたします!

話題のディスクブレーキ対応モデルも対象です!

 

ご注文いただいてからお渡しまでの納期は約一週間となります。

 

WEBショップでも購入できます>>コチラ

 

リムブレーキモデル

WH-R9100 C60 TU フルカーボン・チューブラー 1496g ☆おすすめ!

  メーカー価格¥316,315(税別) → 限定特価¥237,240(税別)

 

WH-R9100 C60 CL カーボンコンポジット・クリンチャー 1851g

  メーカー価格¥218,186(税別) → 限定特価¥163,640(税別)

 

WH-R9100 C40 TU フルカーボン・チューブラー 1384g ☆おすすめ!

  メーカー価格¥318,423(税別) → 限定特価¥238,820(税別)

 

WH-R9100 C40 CL カーボンコンポジット・クリンチャー 1508g

  メーカー価格¥209,594(税別) → 限定特価¥157,200(税別)

 

WH-R9100 C24 CL カーボンコンポジット・クリンチャー 1456g ☆おすすめ!

  メーカー価格¥152,317(税別) → 限定特価¥114,240(税別)

 

WH-RS700 C30 TL カーボンコンポジット・チューブレス 1540g

  メーカー価格¥87,662(税別) → 限定特価¥65,750(税別)

 

ディスクブレーキモデル

WH-R9170 C60 TU フルカーボン・チューブラー 1500g

  メーカー価格¥321,065(税別) → 限定特価¥240,800(税別)

 

WH-R9170 C40 TU フルカーボン・チューブラー 1400g

  メーカー価格¥324,156(税別) → 限定特価¥243,120(税別)

 

WH-R9170 C40 TL フルカーボン・チューブレス 1586g ☆おすすめ!

  メーカー価格¥261,149(税別) → 限定特価¥195,860(税別)

 

WH-RS770 C30 TL カーボンコンポジット・チューブレス 

  メーカー価格¥93,139(税別) → 限定特価¥69,850(税別)

0 コメント

DEROSA2019年モデル

 人気イタリアンブランドDEROSAの展示会に行ってきました。

 

なかなか独創的な新モデルの発表もあったりして面白い内容でした。

DEROSAはもともと金属フレームを得意としており、アルミフレームやクロモリフレームはもちろんのこと、スカンジウムフレームやチタンフレームをラインアップし続ける数少ないブランドのひとつです。

 

今回は売れ筋となりそうなカーボンフレームを2機種紹介します。

 

 

まずはこちら、2016年に登場した「SK Pininfarina」です。フェラーリなどのデザインをしたとして知られるPininfarina社とのコラボで誕生したフルカーボンエアロモデルです。

 

カラーリングも含めたこのフレームのデザインの本当の美しさは写真では伝わりきりません。実物はかなり良かったです。欲しくなりました。

 

フレーム単体での販売もありますが、2019年度はさらにカンパニョーロ社とコラボした12速コンポ搭載の完成車も数量限定で新登場します。フレームにも「Campagnolo」のロゴが入ります。店頭に並んだらぜひ実物をご覧になってください。

 

そして、ロングセラーのミドルグレードカーボンモデル「IDOL」。

 

コストパフォーマンスにも優れているので、憧れのDEROSAでもこのモデルなら手が届きそうです。女性にも人気がありそうなデザインですので、女性にモテたい男性にも人気が出そうです。

 

ご予約受付中です。早期注文いたたくと何かいいことがあるかもしれません。

人気のカラーは早い段階で完売になることがありますのでお早めに。

 

text■塚田

0 コメント

COLNAGO2019年モデル

 人気イタリアンブランドCOLNAGOの2019年モデル展示会に行ってきました。

 

 

全体的には大幅なモデルチェンジはありませんが、デザインのうえで重要なポイントが変更になりました。画像を見て気付くでしょうか。

 

実は2019年度から、フレームのロゴのフォント(書体)が変更になります。シンプルでスッキリしたデザインになりました。

見慣れてくれば違和感もなくなってくるでしょう。

 

注目のフラグシップモデルは今年の2月に発表されたばかりの「C64」です。

前作のC60よりも200g以上の軽量化を果たしています。

 

コルナゴ伝統の製法を受け継ぐ形で、カーボンパイプをカーボンラグで繋いで作られています。メーカーの強いこだわりが感じられます。

 

ノーマルカラーが4色と、アップチャージのプロチームカラーとアートデコールカラーが選べます。アートデコールカラーはイタリアの職人が手作業で仕上げる芸術品です。

 

リムブレーキ(ダイレクトマウント)仕様とディスクブレーキ仕様がそれぞれラインアップされます。

 

つづいてはエアロモデルの「CONCEPT

 

空力を重視した設計でありながら、ハイレベルな剛性と軽量性を実現したことでスプリントもヒルクライムもこなせる、オールラウンドなエアロフレーム。

 

こちらもリムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様がございます。

 

そして、軽量モデルに位置づけられる「V2-r

フレーム重量は835gと軽量に仕上げられていますが、トータルバランスに優れています。

 

同じく、リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様があります。

 

ちなみに白いフレームの左画像が「新ロゴ」、黒いフレームの右画像は「旧ロゴ」となっております。

 

売れ筋となりそうな完成車、フルカーボンモデルの「C-RS」とアルミフレームの「A2-r」です。

 

C-RSは2018年モデルから継続となります。当店でも人気の高かった完成車ですが、2018年モデルよりも値下がりしました。

ULTEGRAコンポ仕様と105コンポ仕様がございます。

 

「V1-r」が「V2-r」に進化したように、「A1-r」が「A2-r」にモデルチェンジしました。こちらのモデル日本国内限定販売だそうです。105コンポ仕様とTIAGRAコンポ仕様の完成車販売です。

 

店頭にてご予約受付中です。

在庫品の2018年モデルは特価セール中!

 

※価格のお問い合わせ(電話・メール)はご遠慮ください。店頭にてご相談させていただきます。

 

text■塚田

0 コメント

SPD最軽量ペダル

ロードツーリング用として人気のあったシマノPD-A600の後継モデルPD-ES600が入荷しました!

一見してSPD-SL風のデザインが目を引きますが、このペダルの売りはやはり軽さでしょう。旧モデルのPD-A600もペアで286gとかなり軽量だったのですが、このペダルは279gとさらに軽量化してます。これは旧105 SPD-SLペダルのPD-5800(285g)よりもさらに軽量です!

 

「ロードツーリングなんて軽さ関係ないじゃん」てな意見もあると思いますがロングライドだと疲労の蓄積に影響しますし、なにより積載量が多くなりがち(なのに山岳を走る)ので各部の軽さは結構重要なワケです(もちろん耐久性はもっと重要です)。

 

軽さやパワー伝達の面ではSPD-SLのほうが有利なのですが、やはりツーリング≒旅行なので観光地を散策したい場合や輪行時はSPDに分があります。デザインもSPD-SL風のスピード感のあるデザインになり好感が持てます。個人的にも欲しいモデルですね、これはオススメ!

PD-ES600
PD-ES600

カラーはこれよりもメタリックな印象です。⇒画像を参照下さい。

裏面はこんな感じです。
裏面はこんな感じです。

GIANT ESCAPE R3 2019年早期モデル

2019年早期モデルとして登場したGIANT ESCAPE R3が入荷しております。ESCAPE R3は定番クロスバイクとして知られていますが、新モデルになってからの変更点は…。

 

カラーバリエーションの変更

今年から新色のオーシャングリーンとマンゴーが登場してます。

特にオーシャングリーンは鮮やかながら上品な仕上がりで好感が持てます。

 

前輪の固定用にスキュアーナットも付属(QRも付属します)。

標準ではQRで固定となりますが、QRは取り扱いに若干慣れが必要なのも事実。今回付属のスキュアーナットはネジを締めるだけで確実に固定が可能です。工具は必要となるものの安全面を配慮した仕様と言えるでしょう。

 

基本スペックは変更無し

24スピード、重量:10.7Kgは変更無となっております。既に完成の域に達したのか?

 

気になるメーカー価格は52,000円(税別)になりました。2,000円の値上げとなりますが、スキュアーナットが付属していることを考慮するとわずかな値上げと言えるかもしれません。ともあれ定番クロスバイクの座はゆるぎそうもない印象です。

梅雨も明けて本格的なサイクリシングシーズンとなります。

スポーツ自転車入門にいかがでしょうか。

新色オーシャングリーン
新色オーシャングリーン
新色マンゴー
新色マンゴー
前輪の固定にQRとスキュアーナットを選択可能です。
前輪の固定にQRとスキュアーナットを選択可能です。

ツール・ド・フランス限定モデル

LOOK KEO BLADE CARBON
LOOK KEO BLADE CARBON

 今年で105回目となる、ツール・ド・フランスがいよいよ開幕しました。

 

早くも熱戦が繰り広げられておりますが、最終的に一番気になるのは「4賞ジャージ」の行方ではないでしょうか。

 

個人総合優勝者に与えられる黄色ジャージ「マイヨ・ジョーヌ」、山岳ポイント賞の「マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ」、スプリントポイント賞の「マイヨ・ヴェール」、新人賞の「マイヨ・ブラン」があります。

 

その中で、個人総合優勝・山岳賞・スプリント賞の3賞をモチーフにしたペダルが限定販売されています。

 

ベースのペダルはLOOKの「KEO BLADE CARBON」のクロモリシャフトモデルです。ビンディングのスプリングをカーボン製の板バネにすることで、軽量でありながらスムーズな着脱性能を実現しました。

スプリングのテンションは12Nmと16Nmの2種類から選べて、もともと12Nmのスプリングが装着されていますが、16Nmのスプリングが付属品として同梱されます。スプリングは消耗品でもあるので、これはありがたい。

 

各賞在庫1点ずつですので、お早めに。

 

text■塚田

0 コメント

CKT-138

 台湾ブランド「CKT」のお得な完成車が入荷しました。

 

 今回入荷したのは、セミエアロ形状の軽量アルミモデル「CKT-138」のティアグラコンポコンポ仕様です。パーツは全て現行モデルのTiagra4700シリーズで揃えられており、フロントコンパクト、リア10スピードです。

 初めてロードバイクの購入を検討されている方にはおススメのモデルです。

フロントフォークはストレートタイプのカーボン製。

 

ホイールはリムハイト30mmのセミエアロ、ハブがレッドアルマイトカラーでなかなかいい感じです。

 

タイヤは標準で23cが装着されていますが、25cタイヤでも問題なく使用できる十分なクリアランスがあります。

 

ピラーはSHIMANO PROの「PLTカーボン」と、完成車としてはかなり高級なパーツがアッセンブルされています。

 

ステムにはなんともかわいらしいデザインが!「アリクイ」でしょうか。こんなに凝った意匠のステムははじめて見ました。このステムのために自転車を買ってもいいと思えるくらいの斬新さですね。

 

こちらの完成車の販売価格は¥88,000(税別)となります。他メーカーに比べてかなり安いと思います(GIANTの同グレードで¥125,000)。

 

他にも仕様違いの完成車がございます(他の仕様には「アリクイ」が付いてきません)が、全て在庫限りとなりますのでお早めに!

 

text■塚田

0 コメント