staff blog 今日はどぅでしょっ?

ギア比について(素朴な疑問38)

Freedman様からのご質問

素朴な疑問: カンパやスラムが12速化し、デュラも来年はモデルチェンジに合わせて12速化されると思うのですが、ホビーユーザーにはスラムのように10Tを追加されても一生使うことがない気がします。完成車には12-30とか14-32ぐらいのがいいんじゃないかと思うんですがプロショップとしては一般にはフロント・リアともどのぐらいが無難だと思われますか?

 

 

ギア比に関しては、用途や乗り手の脚力・速度域によって必要となる歯数は変わってくるので、「このギア比がベストです」とはなかなか言えません。

 

国内で市販されている完成車のギア比をみると、フロントが50/34T、リアが11-28Tというのが最も標準的な仕様だと言えます。しかし、普通に市街地を走行する場合、速度域はせいぜい30~40km/hくらいなので、フロントがアウター(50T)であればリアは14Tくらいで事足りてしまいます。

 

シマノが販売するカセットスプロケットはトップギアが11Tとなっているのが多いのですが、「11Tとか12Tはほぼ使わない」と言う声は多いです。現行105のカセットスプロケットのラインアップは(11-28T、11-30T、11-32T、12-25T)の4種類です。12-30Tとか12-32Tとかあれば確かに便利そうです。

 

シマノの考え方としてはおそらく、

「坂を登るのなら大きいスプロケットが必要→登りがあるなら下りもあるよね→下りでかっ飛ばすには11Tは必須だね!

「登りも下りもない平坦ならクロスレシオの12-25で決まり!」

ってことなんでしょうか。32Tが必要な登りが多い割には11Tでかっ飛ばせる下りが少ないのは日本の特殊な道路事情が関係しているのかもしれません。

 

世界的にはフロントが52/36Tでリアが11-28Tというのがもっとも標準的なのだそうです。

 

そもそもロードバイクはレースを走るための自転車なので、レースで使用されるギア比をみてみると、フロントが53/39T、リアが11-25T or 11-28Tが一般的(コース設計にもよりますが)となります。

 

速さを求めるロードバイクにはトップギアの11Tはやっぱり必要です。「11T」は能ある鷹が隠す「爪」みたいなもの。たとえ使わなくても、この自転車はこれだけスピードが出せる、という「可能性」は残しておいたほうがいいのかもしれません。

 

スラムの12速コンポはカセットスプロケットが全てトップギアが10Tです。その代わりフロントシングルも想定して、フロントギアも小さめです。53x11Tと48x10Tが同じくらいのギア比になります。フロントシングル42Tでリアを10-33Tにすれば、50x12T~34x27Tのギア比をカバーできるので、10Tの出番は意外とあるかもしれません。

 

最後に個人的な意見ですが、私もトップは12Tで十分だと思います。ただ、30T以上の大きなギアはできれば付けたくないです。フロント52/36T、リア12-28Tが理想でしょうか。フロントシングルは面白そうなのでそのうち試してみたいです。フロントシングルなら、フロントが44T、リアは11-32くらいかな?

 

答え:「11T」は能ある鷹が隠す「爪」みたいなもの。トップギアが使えなくて嘆くのであれば、フロントのアウターを小さくしてみましょう。(こんなところにちょうど良い物が!)

 

text■塚田

※自転車に関する(関しなくても)皆様の素朴な疑問を募集します。

 

ご質問はこちらから またはメール:sales@sagami-cyc.jp

件名に「素朴な疑問」とご記入いただければ、個別にメール返信をせずに、ブログで回答します。匿名でもかまいません(適当なペンネームをお付けします)。

 

あなたの疑問がブログネタ切れの救世主となります。

0 コメント

自転車クイズ②

3月になりました。「そろそろ乗り始めよう」という方が増えているようで、自転車でご来店される方が多くなってきました。

 

前回のクイズが「難しすぎてわかんねーよ」と好評だったみたいなので、難易度をやさしくしてみました。

 

 

①SHIMANO、VITTORIA、Fizik、GIANT、これらのブランドに共通する商品は何か

ア ハンドルバー

イ バーテープ

ウ ホイール

エ シューズ


②何に使う工具でしょうか

ア ホイールのフリーボディ分解

イ STIレバーの分解

ウ Di2の調整

エ ディスクブレーキの調整


③今年で106回目を迎えるツール・ド・フランスにおいて、歴代の個人総合優勝選手の国籍で最も多いのはどこか。

ア アメリカ

イ イギリス

ウ イタリア

エ フランス


④どのメーカーの部品でしょうか。

ア LOOK

イ TIME

ウ COLNAGO

エ Bianchi


⑤次のうち、「逆ネジ」となっているのはどれか。

ア 右ペダルシャフト

イ BSCボトムブラケットの左ワン

ウ カンパニョーロRECORDのクランクシャフト固定ボルト

エ MAVICキシリウムエリートのニップル


⑥画像のカンパニョーロのリアディレーラーのモデル名はどれか

ア Nuovo Valentino

イ Velox

ウ Triomphe

エ Xenon


⑦フロントハブ(左右対称)のフランジ間寸法が68mm、スポーク穴ピッチ系(PCD)が30mm、リム(非オフセット)のERD(有効リム寸法)が606mmでラジアル組みをする場合、与えられた条件のみで求めるスポーク長の理論値は何mmか。

ア 280mm

イ 285mm

ウ 290mm

エ 295mm


⑧この図が添付されている特許出願の内容はどれか

ア 前照灯の明るさを増幅する装置

イ 顔が下を向いても前方が見れる反射鏡

ウ ハンドルに二つ折り式の携帯電話を取り付ける器具

エ 走行中の表情を撮影できるカメラ


⑨次のうち、セライタリアのサドルではないのはどれか。

ア REVER

イ STORIKA

ウ THOORK

エ YUTAAK


 ⑩サイモン・イェーツはどれか。

ア           イ           ウ           エ


おつかれさまでした。

 

8問以上正解したら相当マニアです。

 

text■塚田

0 コメント

自転車の未来(素朴な疑問37)

バイク川本バイク様からのご質問

質問:今年でロードバイク歴25年を迎える者です。当時と比べて現在のロードバイクの進化は凄まじいものを感じますが、今からさらに25年後にはロードバイクはどのように進化すると予想されますか。

 

 25年前といえばクロモリフレームが全盛で、アルミやカーボンなどの新素材が注目され始めた頃ですね。デュラエースもまだ8速でした。現在ではカーボンフレームが主流となって、当時よりも軽量で高強度なフレームがつくられるようになり、リアの変速段数は12速まで登場しています。さらには電動変速やディスクブレーキの普及なんかは、当時では予想できなかったかもしれません。

 

 今後は進化のスピードはさらに早まるものと予想されます。機材そのものの物理的進化には限界がありそうですが、ロードバイクを取り巻く環境の進化が進むでしょう。安全性の面では、道路事情が改善されてより走りやすい自転車専用道路などの整備が進むと思います。また、自動車の自動運転や危険回避の技術が自転車にも応用されるかもしれません。

 

 あとはVRやARといった仮想現実の技術が自転車を乗る環境に大きく影響を与えます。「Zwift」に代表されるように、もう既に広まりつつありますね。レース界においても、落車などの事故の心配がなく、交通規制の必要がないバーチャル空間でのレースは大いにメリットがあるし、これも既に取り組みが始まっています。ロードレース=インドアスポーツという認識が新たに生まれるかもしれません。

 

 また25年後といえば、たびたび話題になる「シンギュラリティ」というのがあります。「技術的特異点」とか「2045年問題」とも言われますが、かんたんに言うと人工知能などの技術の進展によって人間の知性には及ばない爆発的な進化が発生するという事だそうです。映画なんかでもよくある、「高度化したロボットに人間が支配される」っていうアレです。

 自転車にも人工知能が搭載されれば、「今日は雨が降りそうだからやめておこう」と自転車のほうが言い出すかもしれません。

 

答え:未来のことはよくわからないので勝手なことを書いてみましたが、現代のロードバイクを大事に手入れして25年後もクラシカルに楽しむのはいいかもしれません。

 

text■塚田

※自転車に関する(関しなくても)皆様の素朴な疑問を募集します。

 

ご質問はこちらから またはメール:sales@sagami-cyc.jp

件名に「素朴な疑問」とご記入いただければ、個別にメール返信をせずに、ブログで回答します。匿名でもかまいません(適当なペンネームをお付けします)。

 

あなたの疑問がブログネタ切れの救世主となります。

0 コメント

隠れた名品

 カンパニョーロ「ユーラス」

 

「シャマルウルトラ」の影に隠れてイマイチ目立たない存在となってしまったが、「シャマル」が登場する以前はこのユーラスがカンパのアルミホイールのトップグレードでした。

 

シャマルとの主な違いは、ハブボディの材質(ユーラスはアルミ、シャマルはカーボン)とベアリングの材質(ユーラスはスチール、シャマルはUSB)の2点です。

 

ということは、リムやスポークは同じということになります。ホイールの性能を決める要素としては、ハブよりもリムやスポークの方がはるかに重要です。

 

しかし、現行モデルのシャマルとユーラスはリムは別物です。2017年以降のシャマルは「C17」という規格(いわゆるワイドリム)でそれまでよりもリム幅が2mm太くなりました(それによって重量も増えました)。ところが現行のユーラスはナローリムのままです。つまり、2016年以前のシャマルと同じリムということです。

 

また、ユーラスがアルミ一体ハブであることのメリットもあります。シャマルのハブはフランジがアルミでハブ胴がカーボンという異素材を組み合わせているので、ハブのねじれに対する剛性面で不利になります。剛性を犠牲に軽量性を取ったことになります。

 

これは「ボーラワン」と「ボーラウルトラ」の比較でも言える事で、アルミ一体ハブの方がどうやらトルクの掛かりが良いみたいです。

 

そんなわけでユーラスをベタ褒めしてみましたが、私個人的にも「カンパのアルミホイールどれを買う?」と聞かれたら「ユーラスの一択」になるかとおもいます。ホントはゴールドのシャマルウルトラが一番欲しいんだけどなー復刻しないかなー。

 

text■塚田

1 コメント

自転車クイズ

外は寒いですね。

暇つぶしに自転車クイズでもどうぞ。

 

 

①フロント52T、リア13Tでケイデンスが100rpmの時の速度は時速何kmか。タイヤの外周長は2mとする。

ア 48km/h

イ 50km/h

ウ 52km/h

エ 計測できない


②この人物は誰か。(クリックで拡大)

ア UCIの現会長

イ サガン選手の母親

ウ ORBEA社の先代社長

エ Continenntalの工場の従業員


 

③次のうち、イタリアンブランドはどれか。全て挙げよ。

ア CARRERA

イ GUERCIOTTI

ウ FONDRIEST

エ LAPIERRE


④この名称を答えよ。

ア ケッタ

イ ドライジーネ

ウ ペニー・ファージング

エ ローラースルーGOGO


 

⑤CS-7700、CS-R8000、CS-M9100、CS-4600、ギアの枚数は合計何枚?

ア 39枚

イ 40枚

ウ 41枚

エ 42枚


⑥この部品はどのメーカーの製品の一部か

ア シマノ

イ カンパニョーロ

ウ フルクラム

エ MAVIC


 

⑦以下の画像で、最も速い速度を記録した自転車はどれか


⑧画像のタイヤの銘柄は(クリックで拡大)

ア Continental ULTRA SPORT

イ Panaracer Elite Plus

ウ Vittoria RUBINO PRO

エ Michelin LITHION3


 

⑨次のうち、道路交通法違反とならないのはどれか

ア 夜間走行中にライトの電池が切れたのでやむを得ず無灯火で走行した

イ 道路の路側帯を右側通行(逆走)した

ウ 通行可能な歩道を走行中に歩行者用の信号に従った

エ 6歳の子どもを幼児用座席にのせて走行した


 

⑩2018年ブエルタ・エスパーニャの覇者サイモン・イェーツはどれか

 

 ア          イ          ウ        エ


 

おつかれさまでした。

 

8問以上正解したら相当マニアです。

 

text■塚田

0 コメント

シーズン前にオーバーホール

 そろそろ暖かくなってきそうですが、まだまだ「オフシーズン」という方は今のうちに自転車のオーバーホールをおすすめします。

 

 暖かくなって、いざ乗り出した時にメカトラブルなんかに見舞われたら目も当てられません。トラブルを未然に防ぐ意味ではもちろん重要ですが、長期間放置していたバイクとしっかりと整備されたバイクとでは性能の差も大きいです。ビフォー・アフターで違いを体感できるくらいの差はあります。

 

 久しぶりに乗るんだったら、コンディションが良い状態で乗りたいですよね。春本番を迎えてから整備に持ってくる方が意外と多く、3月以降は混雑することが多いので、今月中が狙い目ですよ。

 下記以外にも整備メニューはございますので、詳しくは自転車と共にご来店の上ご相談ください。

 

text■塚田

 

 

・おまかせ点検 ¥12000~

 ブレーキワイヤーインナー・アウター交換

 シフトワイヤーインナー・アウター交換

 バーテープ交換

 変速調整

 ブレーキ調整

 増し締め点検

 各部オイルアップ

作業時間は約2時間~翌日仕上げ(混雑状況によります)

 

・フルメンテナンス ¥30000~

 おまかせ点検の内容に加え、

 全ての部品をバラして洗浄後組み直します

 BB、ハブ、ヘッドのグリスアップ

自転車お預かり、納期は約一週間

 

その他交換が必要な消耗部品があれば追加となります。

他店で購入の自転車もお受けします。

自転車を見させていただいた上で正確な金額をご案内します。

ご予算など予めご相談下さい。

 

こちらからご予約もできますよ!

0 コメント

ALFINE

 ALFINE(アルフィーネ)関連パーツが大漁です。恐らく当店が日本で一番売ってるんではなかろうか。

 

 ALFINEとはいわゆるギア内装ハブで、11段変速仕様と8段変速仕様があります。クソ重い ハブの中身は何やら複雑な仕組みで、ハブ内部のギアの組み合わせで変速するらしいです。それにしても、リアハブだけで1600g以上あるのだからちょっとしたホイール前後セットよりも重い。

 

 この重さを引き換えに得られるメリットって何なんでしょう。普通に外装変速の方が性能的によっぽど優れているような気がしますが、性能だけが全てではないのが自転車のまた面白いところなのでしょう。マニアックなパーツにも一定の需要があるようです。

 

 ちなみにホイール組みでの販売も行っております。リムの種類やスポークなどご相談いただければ、完成まで1~2週間でお渡し可能です。

 

 ALFINEパーツは基本的に常時店頭では在庫を置いていませんので、ご興味のある方は事前にお問い合わせください。

 

text■塚田

2 コメント

795 BLADE RS

795 BLADE RS ¥410,000 +TAX
795 BLADE RS ¥410,000 +TAX

2019年度注目度No.1のフレーム「LOOK 795 BLADE RS」が 入荷しました。

 

LOOKといえば、2018年度には超軽量モデルの「785 HUEZ RS」がデビューして大ヒットとなりました。

 

そして今年度はエアロロードです。LOOKのフレームは伝統的に3桁の数字がモデル名となっており、百の位が「世代」、十の位が「グレード」、一の位が「素材や製法」を表しています。

 

2018年までは「795 LIGHT」がフラグシップとして君臨していましたが、事実上のフルモデルチェンジにもかかわらず、「895」とはせずに「795」という数字を継承しています。また、「795 LIGHT」がラインナップに残っていることからも、LOOKとしては「甲乙つけがたい最上級エアロロードが2機種あるので好きなほうを選んでくれ」ということなのでしょうか。じつに贅沢だ。

 

text■塚田

2 コメント

旧モデル一斉在庫処分半額セール!

全て在庫1点限りとなります。

 

現金特価とさせていただきます。学割は対象外となります。

 

売れたら終わりです。早い者勝ちです。

 

画像と実物は一部仕様が異なる場合がございます。

 

長期在庫品のため、一部キズや汚れ、劣化が見られる場合がございますが、現状でのお渡しとなりますので予めご了承ください。もちろん整備はバッチリさせていただきます。

LOOK 695 LIGHT

フルカーボンフレーム サイズ:Sサイズ

メーカー価格¥583,200

 

50%OFF ¥270,000(税別)

COLNAGO AC-R 105

フルカーボンフレーム 10速仕様の105コンポです サイズ:46cm

メーカー価格¥307,800

 

50%OFF ¥142,500(税別)

完売しました

SCOTT ADDICT 30

フルカーボンフレーム 105コンポ サイズ:XSサイズ

メーカー価格¥322,920

 

50%OFF ¥149,500(税別)

完売しました

FOCUS CAYO 105

フルカーボンフレーム 105コンポ サイズ:Sサイズ

メーカー価格¥299,160

 

50%OFF ¥138,500(税別)

完売しました

RIDLEY FENIX AL 105

アルミフレーム 105コンポ サイズ:Sサイズ

メーカー価格¥210,600

 

50%OFF ¥97,500(税別)

GUERCIOTTI DIADEMA

アルミフレーム SORAコンポ サイズ:48cm

メーカー価格¥149,040

 

50%OFF ¥69,000(税別)

完売しました

ORBEA AVANT

アルミフレーム SORAコンポ サイズ:51cm

メーカー価格¥129,600

 

50%OFF ¥60,000(税別)

FOCUS IZALCO CRONO 105

フルカーボンフレーム 105コンポ サイズ:Sサイズ

メーカー価格¥626,400

 

50%OFF ¥290,000(税別)

CKT 148 105

アルミフレーム 10速仕様の105コンポです サイズ:XS,Sサイズ

メーカー価格¥172,800

 

50%OFF ¥80,000(税別)

2 コメント

オマケが凄すぎる!

TCR ADVANCED 1 SE  ¥280,000 +TAX
TCR ADVANCED 1 SE  ¥280,000 +TAX

 今年最も多くの話題を集める完成車がこちら、「GIANT TCR ADVANCED 1 SE」です。

 

 フルカーボンフレームでアルテグラR8000コンポ仕様、完成車重量7.8kgこれでメーカー価格¥280,000(税別)。ここまでだけならスペック的には標準的です。「さすがジャイアント、コストパフォーマンスが優れていますね」くらいのコメントで終わってしまうことでしょう。

 

 このモデルの凄い所は、パワーセンサー内蔵クランクが標準装備!なんです。しかも左右クランクそれぞれに独立したセンサーが搭載されるので、より正確で多彩なデータが収集可能です。

 

左右独立のパワーセンサー内蔵クランクを購入しようとすれば、それだけで相場は15万~20万円くらいします。

アルテグラ一式で10万くらいはするので、パワーセンサーとコンポでほぼ完成車価格です。

 

肝心の性能がどうなのか、という心配もありそうですが、巨大ブランドのジャイアントがこのパワーメーター市場に後発参入するってことはそれなりの自信があるということなんだと思います。

 

バイクの買い替えとパワーメーターの導入のどちらかで悩んでいる方も多いかと思いますが、「もう両方いっちゃいなよ!」という気にさせられてしまいそうです。

 

text■塚田

0 コメント