staff blog 今日はどぅでしょっ?

MAVIC特価ホイール!

 2018年度のMAVICホイールラインアップから消えてしまう、2017年モデルの「MAVIC キシリウムPROエグザリットSL」が数量限定の大特価です。

 

 今となっては貴重な、リム幅が狭い「ナローリム」仕様。ホイール重量は前後で1355gとかなり軽量に仕上がっております。

 ブレーキ面にはエグザリット加工が施されているので制動力は抜群です。フロントはエアロ形状のアルミスポーク、リアはR-SYSと同じようにフリー側はアルミスポークで反フリー側にはカーボンスポークを採用。MAVICのホイールテクノロジーがふんだんに詰まった究極のアルミホイールです。

 

 キシリウムシリーズの代名詞でもある、リアのフリー側スポークをラジアルで組んだMAVIC独自の「ISO PULSE」は採用していません。この「ISO PULSE」は左右のスポークのテンション差を是正してホイール剛性アップが主な狙いですが、このホイールの反フリー側のカーボンスポークはテンションをあまり必要としない特殊な構造になっています。スポークには常に圧縮と伸張の力がかかりますが、カーボンは金属よりも伸び縮みしにくい性質を利用しており、結果として剛性の高いホイールとなっています。実際に乗ってみるとギアの掛かりが良く、ダンシングしてもホイールのたわみを感じません。

 

 現行モデルのホイールのほとんどは「ワイドリム化」という時代の流れに流されてしまいました。25cサイズのタイヤがプロレースで主流となりつつある中で、タイヤのワイド化に合わせて、空気抵抗の低減と剛性アップを実現するためにリムがワイドになりました。果たしてこれらが重量を犠牲にしてまで手に入れたかった性能なのか疑問です。多くの人たちにとってはホイールは軽いほうがうれしいはずですし、空気抵抗や剛性よりも重量の方が差を体感しやすいと思います。

 また、気をつけなくてはいけない点として、ワイドリムにはリム幅よりも細いタイヤを取り付けることが出来ません。逆にナローリムに太いタイヤを装着するのには問題ありません。そういった意味ではナローリムの方がタイヤの選択肢が多いということにもなります。

 

 今のところ、MAVICからはエグザリットリムのチューブレス対応ホイールが出ていませんがそのうち登場するかもしれません。それとも、ディスクブレーキが主流になればエグザリットリムには出番がなくなる可能性もあります。

 ディスクブレーキやチューブレスタイヤに興味がない方にとっては、最高におススメのホイールです。

 

 

最後に値段。

 

メーカー価格¥230,000のところ、

 

在庫限り40%OFF ¥138,000(税 

 

前後タイヤ・チューブ(700x25c)、専用ブレーキシュー付属です。

 

お早めに!

 

 当店で販売するホイールは全て、センター調整、振れ取り、スポークテンション調整を行ってからお渡ししています。メーカー出荷時点では意外と個体差や精度のバラつきがあります。

 

text■塚田

ペダリングモニタートレーニングサポートキャンペーン

 パイオニアのペダリングモニターシステムのパワーセンサーがモデルチェンジしました。

 これまで未対応だった新型アルテグラFC-R8000にも取り付けが可能となります。機能としては、「スプリント検出機能」が新たに搭載。スプリントを検出すると、その間のデータがより高密度に解析可能となります。

 

 さらに、データ解析ソフト「シクロスフィア」のiphone用アプリが12月中旬頃にリリースされる予定です。これでパソコンがなくても出先などで詳細なデータ解析ができるようになります。

 

 パワーメーターはトレーニングにおいて今や必要不可欠なものになりつつありますが、パイオニアのペダリングモニターはただ単にデータを集めるだけではありません。「トレーニングアシスト機能」を使えば、現在の体力やスキルに応じたトレーニングメニューを提案してトレーニング後には詳しいアドヴァイスまでくれます。機材としては高価かもしれませんが、自分の専属コーチを雇うと思えば決して高くはないかもしれません。

 新型センサーの発売を記念して、これからのオフシーズンのトレーニング用にキャンペーン価格で販売することになりました。

 

 新型センサー「SGY-PM910Z」(税別¥129,600)の左右セットをご注文いただくと、専用サイクルコンピューター「SGX-CA500」(¥29,800相当)がもれなく無料でプレゼント!

 センサーの価格のみでサイクルコンピューターとのセット販売となります。キャンペーンは2018年1月22日注文分まで。キャンペーン終了間際は毎度注文が殺到して納期が遅れるので、余裕をもってお早めのご注文をお願いいたします。

 

text■塚田

電動 x 電動

 ヤマハの電動アシストロードバイク「YPJ-R」をアルテグラDi2に組み替えました。

 

 最近発売されたばかりの新型アルテグラR8050Di2で組みます。フレームは特殊な設計ではありますが、既にケーブル類はフレームに内蔵されているので、Di2も当然内装できそうです。ただし、BB一体のアシストユニットを一度取り外す必要があります。

 まずは右クランクを取り外します。普通のコッタレスクランク抜き工具で外せます。

 

 チェーンリングはスパイダーごと外します。中央のナット(逆ネジ)をゆるめるのですが、チェーンを取り付けた状態じゃないとうまく回りません。

 チェーンリングと右クランクは外さなくてもアシストユニットは取り外せますが、今回はチェーンリングも同時に新調するので取り外しました。

 

 アシストユニットは3本のボルトで固定され、フレームにぶら下がるような格好で取り付けられています。全て完全に外さなくても、ボルト2本を外せば作業に必要なスペースが確保できました。

 他の配線と絡まったり断線したりしないように注意します。

 

 ジャンクションAに繋がるケーブルはダウンチューブ内を通します。バッテリーはシートポストに内蔵し、ケーブルはシートチューブを通ります。フロントディレーラー・リアディレーラー行きのケーブルはBB下から。4本のケーブルをジャンクションBでつないでダウンチューブ内に収めます。

 

 フロントディレーラーの配線。通常よりも長めのケーブルが必要でした。リアディレーラーへは右チェーンステーに沿わせます。

 

 ジャンクションAの代わりに「SC-MT800」を取り付けました。

 このSC-MT800はギアポジションディスプレイやバッテリー残量表示になるばかりでなく、ジャンクションAとワイヤレスユニットを兼ね備えます。しかも、ジャンクションAとワイヤレスユニットを合わせた値段よりも3900円くらい安いのです。ULTEGRA Di2やDURA-ACE Di2と組み合わせても問題なく機能します。ただ、ケーブルのコネクトが3ポートのみなので、TT用Di2と組み合わせる場合は注意が必要です。

 

 ちなみに、SC-MT800と同機能の部品でXTRグレードの「SC-M9051」というものもあります。違いは見た目だけです(こっちは「XTR」って書いてあるだけで¥1500くらい高い)

 

 ハンドル周りの配線はやや複雑ですが、シフトケーブルが無くなるので機械式コンポよりもすっきりしたような気がします。

 

 1台の自転車にバッテリーを2種類も積んでいるのはなんだか変な感じです。USB変換ケーブルを使えば、アシストモーターのバッテリーからDi2バッテリーへの充電は可能です。逆はできません。

 近い将来にはE-バイク関連の部品はどんどん進化してもっと便利になってくると思います。今後が楽しみなジャンルのひとつですね。

 

text■塚田

チューブレス対応手組みホイール

OPEN PRO UST
OPEN PRO UST

 MAVICの伝統的なリム「OPEN PROシリーズ」にチューブレスタイヤ対応の「OPEN PRO UST」が新たに加わりました。

 ディスクブレーキ専用モデルと、リムブレーキ対応モデルがそれぞれあり、穴数は24H、28H、32Hの3種類。24Hが存在しなければあまり興味をそそられることはなかった(20Hがあったらもっとよかった)のですが、これならいろいろと使えそうです。

 リム幅は内幅で19mm、外幅23mmのワイド仕様。ロードなら25cや28cタイヤを想定しています。これからがシーズンのシクロクロスにも良さそうですね。

 リムブレーキ対応リムで前輪は24H、後輪は28Hで組みました。ハブはお馴染みのTNIエヴォライトハブ。軽量でコスパが高く、組みやすい寸法のハブです。スポークはDTコンペティション、ニップルはアルミにしました。

 この仕様でフロント635gリア860g(実測値)に仕上がりました。キシリウムエリート(1520g)より軽いです。

 

 何やら注意書きみたいのがありますが見なかったことにしておきましょう。

 

 リムの内側はチューブレスに対応した形状になっています。ニップルを通すための穴が空けられているのでチューブレス用のリムテープが必要になります。「厚さ0.2mm以内のテープを使え」とのことです。ちなみにMAVIC純正の「UST READY RIM TAPE」はまだ発売前です。(純正テープを使えって言っておきながら厚さを指定しているんだから、他で代用できることをほのめかしていますね)

 

おフランス製ざます
おフランス製ざます

 リムの切削加工はキシリウムPROと同じ「ISM4D加工」が施されており、このリム幅で重量が430gとかなり軽量に仕上がっています。ブレーキ面の精度も高いです。

 

 ちなみにこの手組みホイール、前後セット¥52,000(税別)で販売します。前後クイックやリムテープ、バルブは付属しません。仕様違いのご相談も承ります。

 

text■塚田

ispec2の位置調整

現行のMTB用シフトレバーはispec2に対応してます。ispec2は簡単に言えばシフトレバーを対応ブレーキレバーに直接マウントするシステムです。当初は上位モデルのみだったのですが下位モデルの登場により標準マウント化しているように感じます。

 

いずれもブレーキレバーの位置と一緒にシフトレバー位置が決定されるのですが、シフトレバーの個別調整範囲がグレードによって異なります。

 

シフトレバーは指の長さや好みによりシビアなセッティングが求められるので上下左右調整可能なモデルがオススメです。

 

 

・上下左右にスライド調整可能なモデル

SL-M9000(XTR)

SL-M8000(DEORE XT)

SL-M9000(XTR)
SL-M9000(XTR)
SL-M8000(DEORE XT)
SL-M8000(DEORE XT)

・左右にスライド調整可能なモデル

SL-M7000(SLX)

SL-M7000(SLX)
SL-M7000(SLX)

・固定モデル

SL-M6000(DEORE)

SL-M6000(DEORE)
SL-M6000(DEORE)

カーボンのクラック(素朴な疑問28)

剛毛教師様からのご質問

 

質問: 先日ネットで、カーボンの内部破断を調べるコインチェックなるものを見つけ、試したところ、フロントフォークで明らかに音が鈍い箇所が。表面にヒビ等はなく、走行中も特に異常を感じないのですが、これは直ちに修理すべき危険な状態なのでしょうか?

 

 久しぶりの「素朴な疑問コーナー」です。以前にもクラックに関する質問があしました。みなさん気になるところなんですね。

 

 確かに、カーボンのクラックをチェックする簡単な方法として「打診」が一般的です。割れている箇所は明らかに他の部分と音質が異なります。ただ、あくまでも簡易的な検査方法なので100%的中できるものではありません。実際にクラックがあるのに音では判断できない場合もあるし、逆に異常がないのに音が変化する場合もあります。

 

 カーボンは部分によって厚みが違ったり内部構が均一でないので叩く箇所によって音が変わることはよくあります。異音がしたから危険と判断するのは少し気が早いです。

 

  新品のフレームでもカーボンの積層の剥離や、芯材の一部が異物として内部に残る場合があります。当然そこを叩けばクラックがあるかのような音が鳴ります。それでも実用レベルでの強度試験はパスしているわけなので使用しても問題ない場合がほとんどです。

 

 では100%安全かと言われれば、そうとも言えません。しかし経験上、カーボンフレームが走行中に突然折れたと言う話はほぼ聞いたことがありません。フレームが壊れるのには何かしら原因があります。落車によるものがほとんどですが、交通事故とか、グレーチングに突っ込んだとか、リアディレーラーをホイールに巻き込んだとか、風で倒れたとか、フレームが壊れるにはフレームに直接打撃を加える必要があります。

 

 そもそもロードバイクって6kgそこそこの車体に生身に近い状態で乗って時速100km/hとか出るんだから安全なはずはありません。常に危険と隣り合わせの状態であることを意識したほうがいいです。

 その中で少しでも安全マージンを稼ぐ上で、自転車のメンテナンスはもちろんのこと、路面状態の把握やバイクコントロールの技術、危険察知能力なんかが大切になってきます。

 

答え:何かしら強い衝撃が加わった覚えがないのであれば、外から見てわからない程度のクラックは走行しても特に支障がない場合がほとんどです。精神衛生上、不安であれば修理すればいいと思います。修理しても100%安全ではないこともお忘れなく。

 

text■塚田

※自転車に関する(関しなくても)皆様の素朴な疑問を募集します。

ご質問はこちらまで sales@sagami-cyc.jp

件名に「素朴な疑問」とご記入いただければ、個別にメール返信をせずに、ブログで回答します。匿名でもかまいません。

2 コメント

パーツメーカー展示会

 先日おこなわれたミズタニ自転車とマルイの展示会に行ってきました。

 ミズタニ自転車はシマノの代理店でもあり、自転車ブランドのGUERCIOTTIやタイヤのCONTINENTAL、ペダリングモニターのパイオニア、他にもCHRIS KING、IRC、日東、パークツール、レックマウント、selle SMPなど、多数のブランドを取り扱っています。この問屋さんだけで自転車に必要なものは全て揃うんではないでしょうか。

 楕円チェーンリングでお馴染みの「RIDEA」では流行のビッグプーリーが注目です。

 ビッグプーリー元祖の「BERNER」は当初、上が13T、下が15Tだったと記憶しているが、セラミックスピードが上下17T、RIDEAは上下18Tとプーリーの大径化がエスカレートしつつあります。ビッグプーリーにすることでクランクを回したときのチェーンの抵抗が少ないのは明らかなので、パワーセーブの恩恵があるのも間違いなさそうです。プロ選手の使用率が増えてきていることがそれを裏付けています。ただ、変速性能は純正プーリーを使用したときよりも良くなるはずはなく、変速性能の低下をどれだけ少なく抑えるかは組み手の技量にかかっていると言えます。

 

 スギノからは圧入フレーム用のボトムブラケットの新製品が登場しています。スギノのBBはもともと精度がよく出来ていたので音鳴りの原因になることは少なかったですが、新型の「POWER SLEEVEシリーズ」は締めこんで固定できるようになったのでより信頼性が高いです。

 


 続いて「マルイ」の展示会です。マルイではCENTURIONやSCHWINNの完成車をはじめ、ホイールはDT、タイヤはMAXXIS、他にもTIOGA、FINISHLINE、日東、ダイアコンペなど幅広く取り扱っていて、中でも便利グッズの宝庫「TOPEAK」製品が主力ブランドとなっています。

 

 こちらのサドルバッグはスペアタイヤ(チューブラー)やスペアチューブの収納に特化しており、スマートに携帯できるようになっている上、ゴム製品を紫外線から守る効果があります。

 昨年より取り扱い開始した「ADEPT」はアイディア商品が多数あり、痒いところに手が届くパーツブランドです。

 ステムやボトルケージに使える便利なステンレスボルトのセットや、あえて着脱式ではないスマートなライトなんかはありそうでなかった商品です。

 この時期(8月~10月)は毎週のように都内各地でメーカーの展示会があります。自転車店はなぜか水曜日休みのところが多いので、展示会もそれに合わせて主に水曜日に行われます。

 どこか1箇所でまとめて「合同展示会」みたいなのをやってくれると毎週のようにあちこち行かなくて済むんだけどなぁ。

text■塚田

人気のミニベロ

 2018年度フルモデルチェンジしたGIANT人気の20インチミニベロ、「IDIOM」シリーズが入荷しました。

 フレームの素材を上位モデルが採用する「ALUXX SL-Grade」にグレードアップ。ダウンチューブを大胆なエアロ形状にして、ケーブル類が内蔵されます。エアロ化によってボリュームアップしたように見えるフレームですが、前作よりも100g軽量化しているというから驚きです。

 

IDIOM 2 ¥63,000 +TAX
IDIOM 2 ¥63,000 +TAX

 エントリーグレードの「IDIOM 2」はフロントシングル、リア8スピード仕様。重量は9.5kgと軽量に仕上がっています。カラーはレッドとマットブラックの2色展開。

 

IDIOM 1 ¥75,000 +TAX
IDIOM 1 ¥75,000 +TAX

 ミドルクラスの「IDIOM 1」は当店では一番人気です。フロントダブル、リア9スピード、メインコンポがシマノSORAです。ギア段数が多い分、走破性が格段にアップします。カラーはマットブルーとパールホワイト。

 

IDIOM 0 ¥125,000 +TAX
IDIOM 0 ¥125,000 +TAX

 トップクラスの「IDIOM 0」はさらにハイスペックです。シマノTIAGRAフルコンポ、ドロップハンドル仕様の2x10スピード。ホイールはディープリムでフロントフォークはカーボンを採用。重量はロードバイク並みの9.0kg

 この仕様ならロードバイクと対等に走れそうです。パーツカスタムやコンポのグレードアップで色々と楽しめそうな一台ですね。

 

 画像で紹介した3台は店頭に展示車がございますので興味のある方はぜひご来店の上、実物をご覧下さい。

 ミニベロは意外と生産台数が少なくて早期に完売となることがあるので、お早目の方がいいかもしれません。

 

text■塚田

いつかはTIME

 先日、入荷待ちだったTIMEの2017年モデル「IZON」がようやく入荷しました。

 注文したのが3月だったので納期は7ヶ月(通常は約3ヶ月)ということです。2018年モデルも既に流通が始まっているこの時期まで納期が遅れることは稀です(一体何をやっていたんでしょうか)

 

 このフレーム、電動コンポはケーブル類が全て内装されますが、機械式コンポの場合はシフトケーブルが「外出し」になります。

 今時のフレームは何でもかんでも内装が当たり前となっていますが、機械式コンポのケーブル内装にメリットはあまりないように思えます。空気抵抗?ワイヤーが受ける空気抵抗って一体どのくらいだろう?

 

 一部の内装フレームは、ワイヤー交換が恐ろしく手間がかかったり(ル○クの○○やメ○ダの○○など)、ーム内部とケーブルの摩擦でシフト操作が重たかったり(コ○テ○クの○○など)(結果としてワイヤーの寿命が短い)と整備性が悪くなる一方で、得られるメリットは「見た目すっきり」と「微少な空気抵抗低減」くらいなものでしょうか。

 電動コンポの場合は、電気ケーブルやバッテリー類を保護するために内装が好ましいのは言うまでもありません。内装することで操作性に影響は皆無だし、ケーブルの交換頻度も圧倒的に少ないのでデメリットはほとんどありません。

 BBの形式はは「BB30」を採用しています。最近あまり見かけなくなった形式です。最近のカーボンフレームではPRESSFIT86.5とBB386EVOとPRESSFIT30の3種類がよく見られます。これらに共通するのは、BBにアルミのスリーブを設けずにカーボン部分直接BBを圧入します。これによってフレーム重量の公称値を軽くすることが出来るうえ、製造コストの面でも有利になります。

 

 BB30は音鳴りしやすいと言われることがしばしばあります。BB30専用クランクを使用する場合はフレーに直接シールドベアリングを圧入してクランクを取り付けるので構造上鳴ることはありました。シマノクランクを使用する場合はベアリング入りのアダプターを圧入するのですが、この場合はBB30に限らず他の圧入BBも同じです。スレッドBBのフレームに比べれば組みつけに工夫が必要なのは確かですが、圧入BBのフレームはどれも似たようなものです。

 特殊形状のシートピラーは専用品が付属します。このピラーとフレームのはめ合い寸法はかなり精度が高いです。ピラーを押し込むとフレーム内の空気が圧縮されているかのような感触があります。ピラー自体は結構肉薄なのですが固定に不安を感じません。このあたりの造形技術はさすがTIMEです。

 また、オリジナルのカーボンボトルケージ(1コ\7000)がダブルで付属します。オマケとしては豪華ですね。

 

 やっぱりデザインは2017年モデルのほうが断然カッコいいですね!

 

text■塚田

初心者向きロードバイク

 自転車に乗るにはちょうどいい季節です。この時期に新しくロードバイクやクロスバイクを購入検討されている方も多いかと思います。

 チェレステカラーでお馴染みの、イタリアの老舗ブランド「Bianchi」から入門用におススメのバイクが入荷しました。

 

 まずは、エントリーグレードのロードバイク「VIA NIRONE 7 SORA」。軽量に作られたアルミフレームにフロントフォークはカーボン製。コンポーネントはエントリーグレードながらも上位グレードに引けをとらないシマノのSORAで統一されています。

 ブレーキやクランクも同一グレードで揃えることでコンポーネントとしての本来の性能を発揮する、というのがシマノの考えです。

 

 初めてロードバイクを買おうとしている方は、どういうのを買ったらいいのか悩むことが多いと思います。お店でもしばしば「初心者向きのロードバイクはどれですか?」という聞かれ方をするのですが、はっきり言ってしまうと、「初心者向きのロードバイク」なんていうものはありません(「初心者に向かないロードバイク」は存在します)。

 決して安い買い物ではないので、自転車選びで失敗はしたくないでしょう。選ぶ基準となるのは予算・見た目の好み・体格・用途などで、初心者かどうかは選ぶ上ではあまり関係がありません。結局のところ、欲しいのを買えばいいんですが、接客でそう言うわけにはいかないのでもちろんアドヴァイスはさせていただきます。

 フレームを含めた部品は基本的に全て交換が可能なので、あとから少しずつ変えて自分好みにカスタマイズするのも楽しみ方のひとつです。

 

 つづいてはクロスバイクの「ROMA3」。マット仕上げのチェレステカラーにシルバーのロゴがきらりと光ります。ディスクブレーキ仕様なのでホイールのリムも全てチェレステに塗られています。フロンドダブル、リア8スピードで街乗りからロングツーリングまであらゆる用途に対応します。

 ディスクブレーキ仕様のクロスバイクは意外と種類が少ないのですが、ロードバイクよりもクロスバイクの方がディスクブレーキのメリットが大きいと思います。安定した制動力と、ブレーキによってリムが磨耗しないのが利点です。

 

 ロードバイクを買うかクロスバイクを買うか迷っているとしたら、用途でだいたい決まってきます。自転車に乗ることが「目的」なのであれば、ロードバイクをおススメします。自転車に乗ることが「手段」なのであれば街乗りの利便性が高いクロスバイクの方が適している場合があります。クロスバイクを買ったけど、やっぱりロードバイクが欲しくなるパターンも結構多いので、迷ったら「欲しい方を買う」っていうのが大事なんだと思います。

 

text■塚田