staff blog 今日はどぅでしょっ?

campagnolo BORA ONE50

 

 こんにちは!そして初めまして!今月よりサガミサイクルスタッフとして勤務しております「平澤」と申します。宜しくお願いいたします!

 

先日、今回紹介するカンパの大人気ホイール「ボーラONE50」を西東京を代表するサイクリスト天国「桧原村」にてテストしてきました。

 

 このBORA ONE50はレースホイールとして人気が高く、実際に走っているとメインコンポはシマノだがホイールだけはこのBORAを履いているというケースが多い。「何でだろう?そんなにいいのか?」その疑問はすぐに分かりました。

 

 まずよく言われる「ハイトの高いホイールは踏み出しが重い。」ですが、重いどころか今まで使ってきたどのノーマルタイプのホイールよりも「踏み出しが軽かった」です。ハブの回転性能が抜群に良いので16号を八王子方面に向かっているときもノーマルホイールの時よりも1~2km巡航速度が高かったです。 

 

 桧原村に入って本格的な上りが始まると、とにかくシッティングが楽だと感じました。いつもならダンシングを使うところでもシッティングでこなせます。リムサイドもカーボンということもありますが他メーカーの同グレードモデルに比べて軽い!!

 

  リムサイドもカーボンというととにかくブレーキ性能が気になりますが、AC3という特殊なリム加工と専用ブレーキパッドにより「ディスクブレーキ並み」に効きます!そして雨天などの影響も受けにくい。

 桧原村のクライマックス「風張峠」下りは60km以上は出るのですが、スピードコントロールが下手でも好きなタイミングでかっちり安全に減速することが出来、下位グレードにも採用されているG3スポークパターンによって強靭な横剛性を出しているので、少し強引にコーナーリングしても「おいおい!」というような変な挙動を出すこともないので、とにかく安心して東京最高峰のダウンヒルを楽しむことが出来ました!

 

 これら高い性能によって総距離164kmの今回のライドにおいて、他メーカーノーマルホイール装着時に比べて明らかに脚を残すことが出来、精神的なストレスも少なかったと思います。

 

 サガミ特価で販売中です!! この脅威の性能を体感して下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARGON18はじめました

GALLIUM DISC   ¥310,000 +TAX
GALLIUM DISC ¥310,000 +TAX

「ARGON18」はまだ歴史の浅いややマニアックなカナディアンブランドでしたが、今やプロツアーチーム(アスタナ)に供給する世界的なブランドに成長しました。

 

プロ供給のトップモデルの「GALLIUM PRO」と同一設計のセカンドグレードがこの「GALLIUM」です。性能面ではプロレースでの活躍で実証済みですが、スケルトン的にはヘッドチューブがかなり短いのが特徴です。ハンドルを極限まで低くしたいレース志向の方には良いかもしれません。ヘッドのアダプターを装着すすことで一般的なハンドル高さのセッティングももちろん可能です。

 

ブランド名もさることながら、このモデル名の「GALLIUM」や、エンデュランスモデルとして「KRYPTON」というのがあるのですが、どうやら元素名が好きなようです。ちなみにブランド名の由来はスチールパイプの溶接に使うアルゴンガスとその原子番号18から来ているらしいです。

 

軽さの象徴として「HELIUM」という製品名はフレームに限らず色々なメーカーからでていますが(ARGON18の最初のカーボンフレームもHELIUMでした)、「HELIUM」よりも軽い「HYDROGEN(水素)」という名称はなぜかあまり使用されないようです。可燃性があるからでしょうか。

 

text■塚田

scope

オランダのホイールメーカー「SCOPE」のコスパの高いフルカーボンホイールが入荷しました。

 

あまり聞き馴染みのないメーカーですが、カーボンホイールに特化した新進ブランドで、商品の随所にこだわりが見られます。

 

ハブはスウェーデンの世界最大規模の総合機械メーカー「SKF」との共同開発で、優れた回転性能はもちろん、剛性の最適化を狙ったベアリング設計がされています。また、前後ハブともにフランジ幅を目一杯広くとられており、スポークテンションも高く、組立て精度は高いです。

 

クリンチャー仕様ですが、チューブレスレディにもしっかり対応。ホイール重量は45mmハイトの「R4c」が公称で1520g、実測重量は1540gだったので、まあまあ正直者です。

 

前後セットのメーカー価格が¥180,000(税別)というのは驚きです。適当に作られた無名ブランドの安いホイールはいろいろありますが、こだわってしっかり作られているのが見ればわかりますので、これは安いと思います。当店の販売価格は店頭にて。

 

メーカーサイト:https://www.scopecycling.com/

 

text■塚田

TIME2020

TIMEの2020年モデルが発表されました。

 

基本的にはモデルチェンジはなく、「ALPE D'HUEZ」と「SCYLON」、「FLUIDITY」の3モデルを主軸としたラインナップとなります。

 

最も話題となっているのが、2018年、2019年モデルと続いたダサすぎるロゴデザインをやめて、以前のようなダウンチューブに「TIME」ロゴとなりました。失敗だったことにやっと気付いたか!

 

「TIME」ロゴになったものの、デザインそのものはシンプル過ぎてやや物足りない気もしますが、良く言えば「大人っぽい感じ」です。やっぱりTIMEは大人のバイクですからね。体力の衰え始める世代にとって、TIMEのフレーム性能が優しくサポートしてくれますし、何台かロードバイクを乗り継いでこそTIMEの本当の良さを感じることができるんだと思います。

 

早速店頭にて詳しい資料を用意して、ご予約を受け付け開始しております。初回オーダーは8月30日まで。初回オーダーを逃すと条件が厳しくなる可能性がありますのでお早めに!

 

text■塚田

0 コメント

新製品発表(素朴な疑問39)

川えびーにゃ様からのご質問です

質問: 一昔前はニューモデル発表といえば、ツール・ド・フランスの前でしたが今は各社バラバラな気がします。これはモデルがエアロやエンデュランスといった感じで細分化されている影響がありますか?

 

 

 かつては「ツール・ド・フランス」といえばロードバイクファンにとって最も関心の高いレースイベントでした。メーカーとしてもプロモーション効果が大きかったので、新モデルをツール・ド・フランスに投入して、それが活躍すれば売れる、という仕組みが成り立っていました。

 

 ところが近年ではロードバイクを買う人(お客さん)とロードレースファンは必ずしも一致するわけではなくなりました。ロードバイク好きな方でも、前回ツール・ド・フランスの優勝者を知らない、ってこともよくあります。優勝選手が使っていたフレームが飛ぶように売れるってこともなくなってきました。

 

 現在ではほとんどのメーカーは8月~9月くらいにドイツで開催される世界最大の自転車国際見本市である「ユーロバイクショー」に新製品発表の照準を合わせているようです。

 

 さらに最近では、製品の差別化が難しくなってきたためか、新製品の発表時期をあえてライバルメーカーとずらすことで注目を集めようとするメーカーの動きもあるようです。

 また、ジャンルが細分化されてきたことも要因のひとつだと思います。顧客ニーズが多様化すれば販売戦略も多様化します。メーカーのラインアップの中でも、ジャンルによってターゲットは異なるので、プロモーション方法も変える必要があります。

 

答え:最近は夏~秋ごろの発表が多いのですが、少しづつ早まってきているような気がします。このままいけばそのうち、ツール・ド・フランス前の発表が通例になるかもしれません。

 

text■塚田

0 コメント

CKT579

「CKT579 ULTEGRAコンポ・トライアスロン仕様」を組みました。

 

CKT579は東レのT1000カーボンを使用した、剛性の高いフルカーボンフレームです。ダウンチューブはもちろん、トップチューブからシートステイにかけても非常にがっちりとした造りになっており、ねじれに強くパワーを逃がしません。

 

DHバー・エアロホイールと組み合わせると、戦闘的な印象が一段とアップします。

 

今週末のトライアスロン大会でご使用されるとのことですので、よい成績が出せるといいですね。

 

text■塚田

泳げ!タイヤキー君

 パンクをした時のタイヤの着脱に苦労をされている方は多いかと思います。

 

最後の「あとちょっと」がどうしても嵌らなかったり、せっかく嵌めたチューブを傷つけてやり直ししたり、レバーを折ってしまったり、となかなかうまくいかない方におススメの商品です。

 

「タイヤキー」という商品で、これ一本で外すのも嵌めるのもかんたんにできちゃいます。

 

外すときは、タイヤキーをリムとタイヤの隙間し差し込んで、横にスライドするだけ。嵌めるときは、鍵爪のような形をした部分でタイヤのビードをてこの力で引き上げます。中のチューブに干渉しないので失敗するリスクも少ないです。

 

実際に使ってみましたが、結構簡単にできました。一本でできちゃうってのがいいですね。持ち運びにもかさばらないので便利です。

 

text■塚田

5月の営業日について

平成時代も残りわずかとなりました。

 

5月のゴールデンウィーク中の営業日に関するお知らせです。

 

5月1日(水) 店休日

5月2日(木) 通常営業 11:00~20:00

5月3日(金) 通常営業 11:00~20:00

5月4日(土) 通常営業 11:00~20:00

5月5日(日) 通常営業 11:00~20:00

5月6日(月) 店休日

5月7日(火) 店休日

5月8日(水) 店休日

5月9日(木) 通常営業 11:00~20:00

 

水曜日に加えて、5月6日と7日がお休みとなりますのでご注意ください。

尚、店休日はオンラインショップも休業となります。メールのご返信もできませんので予めご了承下さい。

 

IDOL DISC

DE ROSA  IDOL DISC F1カラー
DE ROSA IDOL DISC F1カラー

 DEROSAのカタログ未掲載の限定モデルが入荷しました。

 

人気No.1のオールラウンドフルカーボンフレーム「IDOL」のディスクブレーキ仕様が限定カラーで新登場しました。

 

ブレーキマウントはフラットマウント、エンドは12mmスルーアクスル、Di2・ブレーキホース内装仕様となっており、トレンドをしっかりとおさえた仕様です。

 

画像では伝わりにくいのですが、「DEROSA」のロゴの塗りがパールホワイトにホログラムのフチで、光の角度で七色に輝くところがポイントです。

 

なかなかディスクロードの購入に踏み切れない方も多いでしょうが、「これなら欲しい!」と思えるハイセンスな一台です。

 

text■塚田

チェーンの摩耗

 チェーンの交換時期について。

 

チェーンの寿命は見た目ではなかなか判断できないので、磨耗度合いを計測する「チェーンチェッカー」という工具があります。これを使えば交換すべきかどうか判断できるわけですが、通常はまず走行距離を目安にします。

 

リアスプロケットが6~9速だと5000~7000km、10~11速なら3000~5000kmくらい走行したらチェーンチェッカーで測定してみると良いでしょう。

ただしこの目安は、チェーンの(最低限の)メンテナンスを行っている場合であり、汚れたチェーンやオイルの切れたチェーンを使い続ければ寿命は極端に早まります。逆に言うと、チェーンをいつもピカピカに綺麗な状態を維持している方は、チェーンの寿命が通常よりも長くなります。

 

チェーンが寿命を迎えたときに「チェーンが伸びた」と表現することがあります。実際にチェーンの長さが長くなるのですが、飴みたいにプレートが引っ張られて伸びるわけではありません。

 

ローラーの回転によってブッシュの外側が磨耗して、ピンを支点とするチェーンのプレートの動きによってブッシュの内側が磨耗します。ブッシュの磨耗によってローラーのガタ(遊び)、インナーリンクとアウターリンクのガタ(遊び)が大きくなります。チェーンのリンクのガタ(遊び)が大きくなることでチェーンの寸法が長くなります。

画像:DIDチェーン
画像:DIDチェーン

また、伸びたチェーンによってギアの磨耗が早まります。ローラーの摩耗とローラーのガタによってローラー間の隙間が広がるため、ギアはその広がった隙間にフィットするように偏摩耗します。

 

下の画像は左が摩耗したチェーンリング、右は新品です。歯先の形状を見れば違いは歴然です。チェーンリングの歯が摩耗するとチェーンをつかむ力が弱まるので、踏み込んだ時にチェーンが外れるような症状が出ます。これがいわゆる「歯飛び」です。

 

新しいチェーンに交換した時に、チェーンとチェーンリングの噛み合わせが悪くなることで歯飛びが起きやすくなります。寿命を迎える前に早めにチェーンを交換することで防ぐことができます。

気になる方は自転車をお持ちいただければ、当店でチェーンチェッカーを使用しての測定ができますのでお気軽にどうぞ。

 

text■塚田

BORA WTO

CAMPAGNOLO 「BORA WTO」が入荷しました。カンパニョーロ初のフルカーボンチューブレス(レディ)対応ホイールです。

 

リムハイトは77mm(フロントのみ)と60mmと45mmの3種類があり、画像は60mmの物です。

 

ハブはUSBベアリングを採用。くびれた形状がBORA ONEよりもかっこいいです。

 

リム幅は26.5mm、タイヤは25c以上の太さに対応。「Continental GP5000 TL」を装着しましたが、レバーなしでも取り付け可能で、フロアポンプで普通にビードも上がりました。

 

メーカー価格はBORA ONE クリンチャーが¥296,000に対し、BORA WTOが¥301,000なので、コストパフォーマンスは高いです。

 

現在店頭にてご注文可能です。販売価格も店頭にてご案内いたします。スペシャル価格です。

 

text■塚田