世界の一流ブランド多数取り扱い!



パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
台湾大手メーカー「CKT」
ヨーロッパを拠点に活躍する台湾大手ブランド「CKT」
YAMAHA YPJ取扱店
YAMAHA YPJ取扱店

  • MAVICホイール祭り開催中!20~40%OFF!
  • 2018年モデル完成車セール
オンラインショップ情報
  • DEROSA2020モデル続々入荷しています。
  • Pay Pay決済で5%還元(消費者還元事業登録店舗)
  • MAVIC 2020年モデルご予約受付中!
  • TIME 2020年モデルご予約受付中!
  • 店頭でPayPay決済できるようになりました
  • GIANT 2019 TCR ADVANCED 1 SE が入荷しました
  • LOOK 2019 785 HUEZ RS が入荷しました
  • DEROSA 2019 IDOL が入荷しました
  • RIDLEY 2019 HELIUM X が入荷しました

 

2021

 

GIANT  DEFY ADVANCED2

 

 

 

 ハードなロングライドに合わせ設計された新フレームに、オーバードライブのフルカーボンフォークを採用した、全く新しいGIANTのエンディランスバイク「ディファイ アドバンズド」。

 

 

 適度なしなりによって路面からのストレスを軽減させる「D-FUSEハンドル」&シートポスト。32㎜幅のチューブレスレディタイヤ「GAVIA FONDO1」など、あくまで快適性と走行力の共存を考えた上での絶妙なチョイスとなっている。

 

 さらにシマノ製前後油圧ブレーキの強力な制動力と操作性で様々なコンディションに対応するハイパフォーマンスエンディランスモデル!!

 

 

サイズ(M)*適応身長175㎝前後 

 

カラー(コンクリート)

 

メインコンポ:シマノ105

 

32Cチューブレスタイヤ

 

完成車重量:8.7㎏

 

 

 

訳アリ特価!!(シート部にキズ)

 

¥198,000+TAX


 

2020

 

GIANT  DEFY ADVANCED2

 

サイズ(M)*適応身長175㎝前後

 

メインコンポ:シマノ105

 

32Cチューブレスタイヤ

 


訳アリ特価!!(去年モデル&若干のキズあり)

 

¥180,000+TAX

 


 

 

2021

 

MASI INIZIO BELLISSMA

 

 イタリア生まれのアメリカ育ちという個性的なブランド。

エントリーグレードでも他メーカーにはない独特な雰囲気

を纏っている。

 

 特に目新しい部分は見受けられないが、シンプルなルックスの方が好き

という方はハマるかもしれない。

 

 ガシガシとしたレースライドよりもゆったりとした街乗り向け。

 

 

訳アリ特価!! *旧モデルの為お安くなっております。

(カタログ外の一品モノ!!)

 

 

ホワイトカラー サイズ(500㎜) 

 

メインコンポ:シマノクラリス

 

 

価格¥83,000+TAX

 

 

 

 

訳アリ特価!!(カタログ外の一品モノ!!)

 

 

スカイブルーカラー  サイズ(465㎜)

 

メインコンポ:シマノクラリス 

 

 

価格¥87,000+TAX

 

 


 

 

2021

 

MASI VICERE DISC BELLISSIMA

 

サイズ(465㎜)

 

カラー(チャコール)

 

カタログ外の一点モノ!!


 

 

2021

 

 

corratec  CTROAD

 

 

 

 エントリーグレードながらも、上位グレード同様インターナルケーブル仕様ですっきりとしたルックスが印象的な、日本オリジナルロードバイク。

 

 最大の特徴である長いヘッドチューブとホイールベースで、スポーツバイク入門者が楽な乗車姿勢を摂れるように設計されている。

 

 

 また、各部剛性を高めにし、ハンドリングに優れたテーパードヘッドチューブや、チェーンステーの干渉を軽減させる「LPCテクノロジー」が採用されている。

 

 カーボンフォーク、ラウンドトップチューブ、扁平シートステーを採用して振動吸収性UP!!

 

 これから新たにスポーツサイクルの世界に飛び込もうとしている方に

是非おススメの一台!!

 

ブルーOrブラック  共にサイズ(480㎜)

 

メインコンポ:シマノクラリス

 

 

メーカープライス¥94,600 ↓

 

価格¥84,000+TAX


 

2021

 

 GIANT

 IDIOM1

 

 従来の20インチ小径車の常識を覆した高い走行性能で、新しい小径スポーツロードバイク」というジャンルを確立した「イディオム」シリーズの中でも上位に位置するグレード。

 

 剛性と軽さを両立する上級アルミ素材「AluixxSL」や、ロングホイールベースの直進安定性、小径タイヤ特有の踏み出しの軽さによって、様々なシーンにおいて抜群の機動力を発揮する。

 

 サイズ(420㎜) パールホワイトカラー

 

完成車重量:10㎏

 

 幅153×奥行33×高さ80(折り畳み時サイズ)

 

メインコンポ:シマノSORA

 

 

メーカープライス ¥95,000↓

 

¥82,800+TAX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021

 

 GIANTLIV 

 ESCAPE R W DISC

 

 急な雨でもバイクが汚れず、安定の制動力♪

ゆったりとした乗車姿勢の女性専用設計フレーム採用の

本格的なスポーツライドもOKなNEWモデル!!

 

サイズ(S) マットチャコールカラー

 

完成車重量:11㎏

 

タイヤサイズ:30C

 

前後油圧discブレーキ

 

 

 

メーカープライス ¥67,100↓

 

¥53,000+TAX

 


 

 

 2021

 

 

LOUIS GARNEAU

 

 

SETTER 9.0 DISC

 

 

 

 軽量なアルミフレームを使用している為、見た目は少しゴツイが、前後油圧discブレーキを採用しながらも重量11.7㎏と軽量。

 

 この価格帯のスポーツバイクの中では珍しくALLシマノ製のパーツ群で構成されており、高ランクの快適性を約束!

 

 

 また、普段の足として、、通勤時の使用など日常使いを重視して、スタンドやフェンダー等のオプションパーツを装備できるように走行性と実用性を両立できるコンセプトの元に製造されています。

 

 サイズ(420㎜) マットブラックカラー   ブルーメタリックカラー

 

前後油圧discブレーキ

 

完成車重量:11.7㎏

 

 

 

メーカープライス ¥69,300↓

 

¥56,800+TAX


 

 

 

 

 

 

 

2021  COLNAGO 

 

CLX  DISC

 

 

 「ロードバイク界のフェラーリ」コルナゴを代表するロングセラーモデル

今回で5代目となるこのバイクは、去年ツール・ド・フランスを制したトップグレードの「V3-RS」の旧型である「V2-r」と同型のモールドで成形され、全ステータスがハイエンドオールラウンドモデルのように隙のない数値を示している。

 

 

 リムブレーキ仕様に比べ、フォークエンドの剛性が高まったことで低重心がより意識される乗り味であり、勿論、トップグレードのような高い剛性感は無いが、エンディランスバイクのような柔らかい感覚でもない。

 

 

 またMAXの7割ほどの巡行スピードからさらに加速していくような、レースの平坦区間でよくあるようなシチュエーションや、タイトコーナーが連続するテクニカルな下り区間などは、まさに得意とする所であり、そこに関しては平均点以上である。

 

 
 
BB規格:スレッドフィット 82.5
対応BB: プレスフィットBB86
スルーアクスル径:12㎜
最大タイヤクリアランス:28C
メインコンポ:SHIMANO 105
ステム&ハンドル:Deda ZERO
完成車重量:8.4㎏
 
 
😊😊価格は店頭にて。ご来館お待ちしております。
 

 

 

RALEIGH RFT

 

普通のクロスでは物足りない

あなたへ。鉄フレームを採用した

クラシカルな一台!!

 

 

 前後シマノ製油圧ディスクブレーキを使用した全天候型クロスバイクであるが、クラシカルなデザインで非常に個性的な一台。

 

 クロスバイクでスチールフレームというのは珍しく、一般的なアルミタイプと比べて独自の乗り味をもつ。

 

 

 耐パンク性の高いクラシックカラーの28Cタイヤを標準装備!

 

 

 

サイズ:440㎜、520㎜(クラブグリーン)

    480㎜(キャニオンレッド)

カラー:クラブグリーン、キャニオンレッド

完成車総重量:12.9㎏(440㎜)

フレーム:クロモリ

フロントフォーク:クロモリ

ブレーキ:SHIMANO・BR-MT200(前後油圧ブレーキ)

ホイール:SHIMANO HUB&SHINING RIMS A-MG

タイヤ:CST PLATINUM PERFORMANCE(700×28C)

メインコンポーネント:SHIMANO・ALTUS(3×8S)

 

 

 

 

 

 

 メーカープライス ¥75,900↓

 

¥62,000+TAX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

XDS 

 

 

 

RX200D (マットグレーカラー)

 

 

 これからグラベルを始める方の為の入門グラベルロード!!

 

 最近、あたゆるスポーツバイクメーカーがこのジャンルに着手し始めているが、その中でもとにかくコストパフォーマンスの高さには定評のある

このブランド!

 カジュアルな街乗り系グラベルは当初からよく見かけていたが、ここまで本格的で安いモデルはそうは見当たらない。

 

 これまで主にクロスバイクやロードに乗っていて、新たな分野に挑戦してみたいと思っているベテランや、これからスポーツバイクに挑戦してみたいと考えているビギナー、主に通勤&通学での使用がメインになる方まで用途はとにかく幅広いおすすめの一台!!

 

 

 

 

 

 

 メインコンポーネント:シマノCLARIS(2×8)

 タイヤ:WTB650B×47C 

完成者重量:10.8㎏(480㎜)

 

 

 

特価 ¥90,000+TAX


 

MAVIC2021

 

KSYRIUM S  

(1570g)前後セット

 

 

エントリーライダーの最初のホイールグレード

アップに最適なコストパフォーマンスの非常に

高い、耐久性&軽量なホイール!!

 

 MAVICが誇るホイールラインナップの中では、トレーニンググレードである「AKSIUM」(アクシウム)の上に位置するホイールであり、レースグレードとしては価格的にも最も手が届きやすく、これから本格的にレース参戦を目指しているエントリーライダーにピッタリなモデル。

 

 プロ仕様の「KSYRIUM PRO」(キシリウムプロ)を始めとする上位レースモデルで培ったテクノロジーとデザインが継承されており、他ホイールメーカーとは一線を画す見事な仕上げは愛車に乗らなくとも所有感を満たしてしまうほど。

 

 MAVICが誇る強靭な耐久力と、厳しいコースで力を発揮する軽量なこのホイールは、誰にでも癖なく扱いやすく、正に最も初心者に自信をもって勧められる1P(前後セット)となっております。

 

 

 

 

 

メーカープライス¥60,000↓

 

¥ASK!! 

 

 


 

 

CARRERA  ER01

 

 

「E」(エンディランス)

「R」(レース)

 

異なる2つの走りを高コストパフォーマンス

両立するイタリアンスポーツバイクブランド

CARRERA(カレラ)の人気モデルが更にお求め易く!!

 

 

フレーム単体の値段が¥108,000と、カーボンフレームとしては全自転車メーカーの中でも破格の安さを誇るカレラER01。

 

 

 ただ安いだけではなく、1020g(M)と軽量で、エンディランス系のアップライトなスタイルからは想像できないクイックなハンドリングと高速域でも強い直進安定性をもつ。

 

 

 完成車ではレースエントリーグレードとしては今や「世界基準」ともいえるシマノ105をフル装備。ホイールはこのレベルとしては申し分ない「VISION」(ヴィジョン)TEAM35。クセが無く扱いやすい35㎜リムハイトと、他メーカーに明らかに差をつけているシックなマットグレーカラーはこの価格帯の完成車としては贅沢な装備ともいえる。

 

 

 ロングライドからレースまでいける低コストのオールラウンドロードモデルは、今やどのメーカーからもラインナップされており、珍しくはなくなったが、この「カレラER01」に関してはある程度チューンナップが煮詰まってきてもフレームが負けることなく、上位グレードのフレームに交換等しなくともそのまま戦えるポテンシャルをもつ。そんなバイクだといえます。

 

ER01 105完成車(キャリパーブレーキ仕様)

 

 

 

フレーム:カーボン(ブラックカラー)1020g(M)

シートピラー径:31.6㎜

BB:BSA

クランク:シマノ105(R7000)170㎜50/34T

スプロケット:シマノ105(R7000)11-28T

他メインコンポーネント:ALLシマノ105(R7000)

ホイール:VISION(TEAM35)

タイヤ:ハッチンソン デビルズグリップ

 

メーカープライス:220,000↓

 

¥190,000+TAX

 

 

 

 

 

 

 

 

CARRERA  

 

ER01(マットカラー)

 

ER01 105完成車

(キャリパーブレーキ仕様)

 

 

 

フレーム:カーボン(マットカラー)1020g(M)

シートピラー径:31.6㎜

BB:BSA

クランク:シマノ105(R7000)170㎜50/34T

スプロケット:シマノ105(R7000)11-28T

他メインコンポーネント:ALLシマノ105(R7000)

ホイール:VISION(TEAM35)

タイヤ:ハッチンソン デビルズグリップ

 

メーカープライス:220,000↓

 

¥190,000+TAX


 

30

2021

 

SCOTT 

 

 

ADDICT RC30(イエローカラー)

 

 

 10年以上スコットのトップグレードとしてあり続ける「ADDICT(アディクト)」シリーズ。このオールラウンドレースバイクを含め、現在、ほぼ全てのレースバイクには非常に高価な高弾性カーボン繊維が使用されていますが、スコットが誇る技術の一つである「Hmx」は驚くほど軽量な混合素材となっており、通常の高弾性カーボン素材に比べて驚くほど軽く、それでいて剛性は「20%」向上しています。

 

 厳しい山岳コースから、強風の吹き荒れる平坦路まで様々なシチュエーションが考えられるロードレースにおいて、まさに「死角なし」といえるオールラウンドレースバイクです。

 

 

 ↑エアロモデルである「FOIL(フォイル)」と遜色なく見えるほどのフレームジオメトリ&ルックス。前後油圧ブレーキ仕様で、ここまで迫力のある見た目とは裏腹に、完成車重量はジャスト8㎏となっています。

 

 

 

フレーム:ADDICT・RC(disc)HMX  

size(S)<52>

 

メインコンポーネント:SHIMANO アルテグラR8000

ホイール:SYNCROS・RP2.0(disc)

タイヤ:SCHWALBE・ONE(RACE-GUARD)28C

 

完成車重量 8.0㎏

 

メーカープライス ¥479,000 ↓

 

¥店頭にて

 

 


 

練習コース紹介

 

 

 

第176回 江の島~立石海岸

 

  (神奈川県藤沢市~横須賀市)

 

 

 

 

海好きの人には堪らない!近場では

最高レベルの絶景が楽しめる!

 

 

 

 

コース難易度:入門

コースタイプ:平坦

距離(スタート地点まで)24(境川→)

コース全長:約15

アクセス:とても良い

楽しさ:とても楽しい

景色:とても良い

道幅:前半:普通 中盤:狭い 後半:普通

路面:前半:普通 中盤:微妙 後半:普通

交通量:とても多い

補給P:コース全域に多くあり

見所江の島、七里ヶ浜、稲村ケ崎、鎌倉市街、逗子&葉山マリーナ、森戸海岸、一色海岸、立石海岸など

 

 ・景色が微妙なR134(平塚方面)に比べ、非常に綺麗な景色と、豊富な名所が一年中楽しめる、近場では恐らく人気№1の平坦コース(多少のアップダウンあり)

 

 

 ・とても良い景色が満載なのは間違いないが、コース全体を通して道幅が狭めで、交通量も非常に高い。特に海水浴シーズンの七里ヶ浜、葉山エリアなどは最悪で、ピクリとも動かないほど大渋滞することも。

 

 

 ・向かった先に豊富な練習コースが数多く集まる平塚方面に比べると強度的に物足りなく、混むガンガン長い距離を走り込みたい上級者には向かないコースかも。

 

 

 ・ロングライドの登竜門として位置付けられることの多い三浦半島一周ライドの中でも序盤や終盤の絶景エリアとしてYOUtubeなどでも良く取り上げられている。

 

 ↑江の島を起点として海岸線をスタートして、横須賀市にある日本トップクラスの景観を誇る「立石海岸」へと向かっていきます。江の島からは、海の向こうに、もうその姿がうっすらですが見えています。

 

 ↑江ノ電(左側)と並走しながら海沿いを走る、この区間は国内外を問わず知られており、バイカーやドライバーからも大人気です。そんなコースに毎日でも行こうと思えば行ける横浜のサイクリストは恵まれているのかもです。

 

 ↑江の島をスタートして最初に現れるスポット「スラムダンクの聖地」

七里ヶ浜にはお洒落なレストランなどが数多く集まっており、平日でも多くの人で賑わっています。(なので土日は危険レベルの大混雑です。)

 

 ↑反対車線側にはこのエリアでは比較的新しい「パシフィックドライブイン」があります。(昔はファーストキッチンでした。)

 本格的なハワイアン料理を扱っており、特に若者に人気のようです。

 

 ↑次のポイントは「稲村ケ崎」。夏場は皆、芝生になっている場所で日焼けしているのがコースから見えますね。ここから見る景色もとても綺麗です。

 

 

 ↑稲村ケ崎の切通を抜け、少し行くと「由比ヶ浜」です。日本で2番目に来場者の多い海水浴場として知られています。(1位は江の島)そこからは鎌倉・鶴岡八幡宮へと続く道と本線で分かれています。八幡宮はすぐそこなので簡単に寄り道できますが、毎度のことスゴイ混雑です。

 

 ↑由比ヶ浜沿いの道も何度通っても気持ちよいです。何十年と走っている地元のベテランサイクリストも「飽きない」と言います。


 

練習コース紹介

 

 

 

第175回 広域農道(小田原~南足柄)

 

  (神奈川県小田原市~南足柄市)

 

 

 

 

県内では珍しい全長20㎞以上に及ぶ

ロングアップダウンコース!

 

 

 

 

コース難易度:初級

コースタイプ:アップダウン

距離(スタート地点まで)61(国道1号線→)

コース全長:約22

アクセス:まあまあ

楽しさ:まあまあ

景色:まあまあ

道幅:前半:普通 中盤:普通 後半:普通

路面:前半:普通 中盤:微妙 後半:普通

交通量:少ない

補給P:コース全域を通じてほぼ無

見所特に見当たらず。

 

 ・県内において全長が20㎞以上ある広域農道はかなり数が少なく、思い当たるのはココと、秦野市と小田原を結ぶ「やまゆりライン」位しか出てこない。信号が非常に少なく、修善寺CS並みのアップダウンがある為、タフなトレーニングに向いている。

 

 

 ・途中に、グリーンヒル、大雄山、足柄峠など他のヒルクライムコースといくつも交差する為、さらに強度を上げてのトレーニングも容易に出来る。

 

 

 ・自動販売機をはじめ、補給Pは全くといっていいほどないので夏場は要注意!

 

 

 

 ・アクセスも比較的簡単だが、スタート地点を見つけるのが少し大変。何の案内標識も出ていない。

 

  ↑行き方に少しクセがあります。まず国道1号線を小田原城方面へと進み、小田原市中心部より「県道74号線」を北上。大雄山線「飯田岡駅」前を「小田原フラワーガーデン」方向に進んで(上って)いくと↑に出ます。 

 

 ↑スタートするといきなりジェットコースターのように登り下りを繰り返していきます。ここから終点まで、20㎞以上平坦という平坦はありません。

 

 ↑路面状態や道幅は微妙な区間も目立ちますが、交通量は少なく、ストレスなく走りに集中できると思います。

 

 ↑「グリーンヒル南足柄」のコースと交差します。

 

 ↑かなり豪快な下りです。

 

 ↑下り終えると、そこからまた一気に登ります。ここは路面があまり良くなく少し走りにくいです。

 

 ↑そしてまた下りです。こんな感じで何度も繰り返します。もしこれがレースだったら何度も繰り返す内に段々脚が無くなって、どんどん集団の数が減っていくことでしょう、、。

 

 ↑同じ「農道」である「やまゆりライン」とかなり特性が似ています。

この辺りなどはそっくり、、。

 

 ↑「大雄山」へと向かう登山道と合流し、ここから後半戦へと入ります。

 

 ↑大雄山への参道の入り口を示す特徴的な赤い門の前を通り過ぎたら、「右折」していきます。(そのまま上っていってしまうと大雄山・最乗寺へと行ってしまいます。)

 

 ↑ここを右折します。ここから後半戦です。

 

 ↑後半も相変わらず登り下りの繰り返しで平坦ゼロです。

 

 ↑中でも後半戦に入って3番目に来る登りは、長くて本コース中で最も強度が高いです。走り応えがあります。

 

 ↑一昔前に厚木に存在したブリジストンアンカーのサテライトチーム

「リマサンズ厚木」の練習コースにもなっていました。

 

 ↑金太郎の出てきそうな田舎の雰囲気が堪らない、足柄の山々の中を走り抜けていきます。

 

 ↑足柄峠への道と交差し、すぐに表れる登りは10%以上と、本コースの最高勾配ですが、距離が短く、その前に出てきた長い登りの方が強度は上です。

 

 ↑山上を縫うように進む終盤区間はは迫力満点!引き返してここだけもう一度走りたくなるくらいです。

 

 ↑「南足柄運動公園」の横を通り過ぎてこのコースは終了します。

引き返して「復路」にチャレンジするもよし、ヒルクライムコースの「足柄峠」や「松田山」へアタックするもよし、ここからのコースの発展性はかなりのハイボリュームなので「後」には困らないコースです。



   

       これまで紹介したコース

 

 

       

       【神奈川】

 

            (横浜エリア)

 

    みなとみらい~南本牧ふ頭(夜練・平坦)入門

    産業道路~シーサイドライン(平坦)入門

    港北ニュータウン(夜練・周回コース)入門

    鶴見川サイクリングロード(平坦)入門

    境川サイクリングロード(平坦)入門

    菅田クリテリウムコース(クリテリウム)入門

    戸塚カントリー(アップダウン)入門

 

 

           (川崎エリア)

 

    多摩川サイクリングロード(平坦)入門

    南多摩尾根幹線道路(アップダウン)入門

    ランド坂(山岳)入門

 

 

           (鎌倉エリア)

 

           銭洗坂(激坂)入門

           朝比奈峠(峠)入門

 

 

     (逗子・葉山・横須賀・三浦エリア)

   

         江の島~立石海岸(平坦)入門

       葉山教会坂(激坂)初級

       湘南国際村(山岳)初級

         立石海岸~三崎口(アップダウン)入門

        三崎口~久里浜港(アップダウン)入門

       久里浜港~横須賀中央(アップダウン)入門

         武山(山岳・激坂)初級

         通研通り(アップダウン)入門

 

      

      (茅ヶ崎・平塚・大磯エリア)

 

        江の島~平塚(平坦)入門

          湘南平(山岳)初級

         レイクウッド周回コース(周回)入門

          平塚松田線(アップダウン)入門

          土屋(クリテリウム)入門

 

         (伊勢原・秦野エリア)

 

         日向渓谷(山岳)中級

          薬師林道(山岳)初級

          大山(本道)(山岳)初級

          大山(林道)(山岳)中級

          弘法山(山岳)初級

          善波峠(峠)入門

          ヤビツ峠(峠)中級

          裏ヤビツ(峠)初級

          小田原厚木道路側道(平坦)入門

 

 

         (厚木・清川村エリア)

          

          厚木清川線(アップダウン)入門

          半原越(峠)初級

          土山峠(峠)初級

          宮ケ瀬(アップダウン)入門

          

          

          (二宮・小田原エリア)

         

        やまゆりライン(アップダウン)初級

        

          (真鶴・湯河原エリア)

        

        旧真鶴道路(アップダウン)入門

        小田原城CC(山岳・激坂)上級

        星ヶ丘公園(山岳・激坂)上級

        真鶴半島(アップダウン)入門

        椿ライン(山岳)上級

 

           (箱根エリア)

       

        駅伝5区(山岳)中級

        七曲り(山岳)超上級

        乙女峠(峠)中級

        長尾峠(峠)初級

 

                                 (南足柄エリア)

 

      グリーンヒル南足柄(山岳)初級

       南足柄広域農道(アップダウン)初級

       大雄山(山岳)初級

       足柄峠(峠)上級

 

           (松田・山北エリア)

 

      大井松田線(アップダウン)入門

       松田山(山岳)上級

       高松山(山岳)中級

       丹沢湖(周回)入門

       大野山(山岳)上級

 

           (相模原エリア)

 

       相模川(平坦)入門

       三増峠(峠)初級

       城山(山岳)初級

       津久井湖(周回)入門

       牧野峠(峠)初級

       相模野CC(激坂)初級

 

           

       【東京】

 

      (太田・品川・港区エリア)

 

      大井ふ頭(周回)入門

       お台場(夜練・周回)入門

       皇居(土日限定・周回)入門

 

          (江東区エリア)

   

       荒川サイクリングロード(平坦)入門

 

        (立川・八王子エリア)

      

       昭和記念公園(周回)入門

       1964東京五輪ロードコース(周回)入門

       大乗水峠(峠)初級

       和田峠(峠)上級

       美女谷峠(峠)初級 *現在通行止め

 

           (奥多摩エリア)

 

      甲武トンネル(峠)初級

       都民の森(アップダウン)入門

 

        (伊豆諸島エリア)

 

      伊豆大島(アップダウン)中級

       神津島(アップダウン)入門

       新島(アップダウン)入門

       新島ヒルクライム(山岳)初級

       三宅島(アップダウン)初級

       三宅島・雄山ヒルクライム(山岳)中級

       八丈島(アップダウン)中級

       八丈島・八丈富士ヒルクライム(山岳)中級

 

        

       【山梨】

    

         (上野原・大月エリア)

 

       甲州街道(アップダウン)入門

    上野原~鶴峠~小菅村(アップダウン)中級

       

         (秋山渓谷エリア)

 

       秋山街道(アップダウン)初級

    

 

       (道志・山中湖エリア)

       

       道志みち(アップダウン)初級

     道坂峠(峠)中級

       山中湖(周回)入門

    富士パノラマライン(アップダウン)入門

    河口湖(周回)入門

    三国峠(山梨県側)(峠)初級 

 

       

       【静岡】

    

          

        (伊豆半島エリア)

       

       伊東~川奈~富戸(アップダウン)入門

       東伊豆(熱海~下田)(アップダウン)中級

       西伊豆(南伊豆~沼津)(アップダウン)上級

       

      

        (沼津・三島エリア) 

 

    千本松原(平坦)入門

       箱根峠(静岡県側)中級

 

          (御殿場エリア)

       

       東名富士CC(激坂)超上級

       金太郎冨士見ライン(峠)初級

       三国峠(静岡県側)(峠)超上級

       富士あざみライン(山岳)最上級

       富士山スカイライン(山岳)最上級

       富士469号線(アップダウン)初級

 

 

           【千葉】

 

       

      (銚子・九十九里浜エリア) 

 

    銚子1周(平坦)入門

    九十九里浜ビーチライン(平坦)入門

 

    (市原・茂原・養老渓谷エリア) 

 

  千葉内陸部横断(千葉市内~一宮町)(アップダウン)入門

       清澄養老ライン(アップダウン)初級

       養老渓谷(周回・内回り)初級 

       養老渓谷(周回・外回り)初級

       大福山(山岳)初級

       勝浦・周回コース(周回)入門

 

         

       

       (南房総エリア)

 

      外房黒潮ライン(平坦)入門

       和田倉自転車道(平坦)入門

       房総フラワーライン(平坦)入門

       南房総グリーンライン(アップダウン)入門

        

        (内房エリア)

 

      内房渚ライン(平坦)入門

       保田線(アップダウン)初級

       410号線(アップダウン)初級

       88号線(白石峠)(アップダウン)初級

       鹿野山(山岳)初級

       鹿野山(逆走)(山岳)中級

       富津岬(周回)入門

          もみじロード(アップダウン)入門

        

      

      【茨木】

 

    

        (筑波エリア)

 

     つくばりんりんロード(平坦)入門

      筑波山(山岳)中級

      霞ヶ浦(平坦)入門