世界の一流ブランド多数取り扱い!



パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
台湾大手メーカー「CKT」
ヨーロッパを拠点に活躍する台湾大手ブランド「CKT」
YAMAHA YPJ取扱店
YAMAHA YPJ取扱店

  • MAVICホイール祭り開催中!20~40%OFF!
  • 2018年モデル完成車セール
オンラインショップ情報
  • DEROSA2020モデル続々入荷しています。
  • Pay Pay決済で5%還元(消費者還元事業登録店舗)
  • MAVIC 2020年モデルご予約受付中!
  • TIME 2020年モデルご予約受付中!
  • 店頭でPayPay決済できるようになりました
  • GIANT 2019 TCR ADVANCED 1 SE が入荷しました
  • LOOK 2019 785 HUEZ RS が入荷しました
  • DEROSA 2019 IDOL が入荷しました
  • RIDLEY 2019 HELIUM X が入荷しました

 

MAVIC2021

 

KSYRIUM S  

(1570g)前後セット

 

 

エントリーライダーの最初のホイールグレード

アップに最適なコストパフォーマンスの非常に

高い、耐久性&軽量なホイール!!

 

 MAVICが誇るホイールラインナップの中では、トレーニンググレードである「AKSIUM」(アクシウム)の上に位置するホイールであり、レースグレードとしては価格的にも最も手が届きやすく、これから本格的にレース参戦を目指しているエントリーライダーにピッタリなモデル。

 

 プロ仕様の「KSYRIUM PRO」(キシリウムプロ)を始めとする上位レースモデルで培ったテクノロジーとデザインが継承されており、他ホイールメーカーとは一線を画す見事な仕上げは愛車に乗らなくとも所有感を満たしてしまうほど。

 

 MAVICが誇る強靭な耐久力と、厳しいコースで力を発揮する軽量なこのホイールは、誰にでも癖なく扱いやすく、正に最も初心者に自信をもって勧められる1P(前後セット)となっております。

 

 

メーカープライス¥60,000↓

 

¥ASK!! 

 


 

MAVIC2021

 

KSYRIUM PRO UST 

(1410g)前後セット

 

 

MAVICが誇る最新鋭のオールラウンド

チューブレスモデル!!

 

 

 

「USTロードチューブレス」システムが、チューブにより発生する摩擦を0にし、結果転がり抵抗を大幅に減らし、更なる高速走行を可能にする。

 

 また、タイヤ(標準装着される新イクシオンチューブレスタイヤ)とホイールの結合部が一新されており、タイヤの装着&取り外し、メンテナンスがより一層容易となり、実走面においても、より低いタイヤ空気圧でも安定した走行感を可能としている。

 

 「ⅠSM4Dリム機械加工」というMAVIC独自の技術によって可能となった「超軽量リム」と、高い剛性を維持しつつ軽量化を達成した「ジグラルスポーク」により、プロレベルの耐久力&ハードライドへの適応性を獲得している。

 

 実業団レベルなどのワンランク上のレース参戦を考えている方に自信をもって勧められる1P(前後セット)となっております。

 

 

 

メーカープライス¥140,000↓

 

¥ASK!! 

 


 

 

CARRERA  ER01

 

 

「E」(エンディランス)

「R」(レース)

 

異なる2つの走りを高コストパフォーマンス

両立するイタリアンスポーツバイクブランド

CARRERA(カレラ)の人気モデルが更にお求め易く!!

 

 

 フレーム単体の値段が¥108,000と、カーボンフレームとしては全自転車メーカーの中でも破格の安さを誇るカレラER01。

 

 

 ただ安いだけではなく、1020g(M)と軽量で、エンディランス系のアップライトなスタイルからは想像できないクイックなハンドリングと高速域でも強い直進安定性をもつ。

 

 

 完成車ではレースエントリーグレードとしては今や「世界基準」ともいえるシマノ105をフル装備。ホイールはこのレベルとしては申し分ない「VISION」(ヴィジョン)TEAM35。クセが無く扱いやすい35㎜リムハイトと、他メーカーに明らかに差をつけているシックなマットグレーカラーはこの価格帯の完成車としては贅沢な装備ともいえる。

 

 

 ロングライドからレースまでいける低コストのオールラウンドロードモデルは、今やどのメーカーからもラインナップされており、珍しくはなくなったが、この「カレラER01」に関してはある程度チューンナップが煮詰まってきてもフレームが負けることなく、上位グレードのフレームに交換等しなくともそのまま戦えるポテンシャルをもつ。そんなバイクだといえます。

 

ER01 105完成車(キャリパーブレーキ仕様)

 

 

 

フレーム:カーボン(ブラックカラー)1020g(M)

シートピラー径:31.6㎜

BB:BSA

クランク:シマノ105(R7000)170㎜50/34T

スプロケット:シマノ105(R7000)11-28T

他メインコンポーネント:ALLシマノ105(R7000)

ホイール:VISION(TEAM35)

タイヤ:ハッチンソン デビルズグリップ

 

メーカープライス:220,000↓

 

¥190,000+TAX


 

 

CARRERA  

 

ER01(マットカラー)

 

ER01 105完成車

(キャリパーブレーキ仕様)

 

 

 

フレーム:カーボン(マットカラー)1020g(M)

シートピラー径:31.6㎜

BB:BSA

クランク:シマノ105(R7000)170㎜50/34T

スプロケット:シマノ105(R7000)11-28T

他メインコンポーネント:ALLシマノ105(R7000)

ホイール:VISION(TEAM35)

タイヤ:ハッチンソン デビルズグリップ

 

メーカープライス:220,000↓

 

¥190,000+TAX


 

 

2021 

 

GIANT  

 

 

TCR ADVANCED 2 KOM

 

 

 グランツールステージや全日本ロードでの勝利など世界を代表する「トータルレースバイク」TCRが

お求めやすい価格で手に入る!

 世界最大のスポーツバイクブランドGIANTが誇る名車「TCR」シリーズの中でも、最も低価格帯で手に入れやすいモデル「TCR ADVANCED2KOM」。徹底して重量剛性比で、レースを戦う為の効率性を追い求めたハイグレードカーボンを使用した新設計のフレームにより、軽さや剛性だけではなく空力性能も向上。
 オーバードライブ規格の新型フルカーボンフォークを装着し、最新仕様の25Cチューブレスレディタイヤ「GAVIA AC1」、速く走ることと快適性を同時に追求したオリジナルの新型サドルも標準装備している。
 これからレースを始めてみようと考えている方の中でも、特に「ヒルクライム」に興味がある方に自信をもっておススメできる一台です!
 

 

 TCR ADVANCED 2 KOM

 

 

完成車重量:7.9㎏(サイズS) フルカーボン

メインコンポーネント:シマノ105(R7000)

ホイール:GIANT(チューブレスレディ)

タイヤ:GIANT GAVIA AC1(700×25C)

 

 

メーカープライス¥231,000↓

 

¥189,000+TAX

 


 

30

2021

 

SCOTT 

 

 

ADDICT RC30

 

 

 10年以上スコットのトップグレードとしてあり続ける「ADDICT(アディクト)」シリーズ。このオールラウンドレースバイクを含め、現在、ほぼ全てのレースバイクには非常に高価な高弾性カーボン繊維が使用されていますが、スコットが誇る技術の一つである「Hmx」は驚くほど軽量な混合素材となっており、通常の高弾性カーボン素材に比べて驚くほど軽く、それでいて剛性は「20%」向上しています。

 

 厳しい山岳コースから、強風の吹き荒れる平坦路まで様々なシチュエーションが考えられるロードレースにおいて、まさに「死角なし」といえるオールラウンドレースバイクです。

 

 

 ↑エアロモデルである「FOIL(フォイル)」と遜色なく見えるほどのフレームジオメトリ&ルックス。前後油圧ブレーキ仕様で、ここまで迫力のある見た目とは裏腹に、完成車重量はジャスト8㎏となっています。

 

 ↑ケーブル類は全てフル内装されています。

 

 ↑まるでスプリンターステムのような極太ステムですが、上部に取り付けられ、ステムと同化しているように見えるのはカバーであり、手前のキャップは素手で外すことが出来ます。

 

 ↑メインコンポーネントは言わずと知れた定番中の定番

 アルテグラR8000。

 

 

 ↑ホイールはスコットの傘下ブランドである「SYNCROS(シンクロス)」の・RP2.0。ディスクブレーキの取り付け台座にも専用カバーが備え付けられており、外からだとどうやって付いているのか分からないほど。  

 

 ↑クランクは52-39T。スプロケットは28-11T。レースバイクとしてはオーソドックスな仕様です。

 

 ↑それぞれ四角く角ばったパイプがインパクトを与えるフレーム形状。

エアロバイク並みのゴツさですが、完成車で8㎏ジャストとかなりの軽量。

 

 

フレーム:ADDICT・RC(disc)HMX

メインコンポーネント:SHIMANO アルテグラR8000

ホイール:SYNCROS・RP2.0(disc)

タイヤ:SCHWALBE・ONE(RACE-GUARD)28C

 

完成車重量 8.0㎏

 

メーカープライス ¥479,000 ↓

 

¥店頭にて

 


 

 

MAVIC 2021

 

COSMIC SL45 DSL

 

 

高速巡行力、高剛性、軽量。

 

これらを兼ね備えた

 

オールラウンダ

ディスクブレーキ

 

ロードレース用ホイール!

 

 

 

デザインの一新された45㎜ハイトの

 

カーボンリムと、更に使用し易くなった

 

最新のチューブレスシステムを

 

搭載したこのホイールを履いて

 

自分に勝て!ライバルを倒せ!

 

 

 

メーカープライス¥160,000↓

 

¥ASK!! 現品限り

 


 

 

2021

 

GIANT RX3

 

  本格スポーツライドにも対応可能の上級クロスバイク!!

ケーブル内装式の軽量アルミフレームやスポーツサドル&グリップなど「走り」を意識した仕様となっている、快適性~俊敏性まで全てが通常のクロスバイクを上回る、ワンランク上を求める方にピッタリのモデル!!

 

 

スペック

 

重量:10.3㎏

メインコンポ:SHIMANO ACERA/ALTUS(9S)

ブレーキ:TEKTRO TB07AL

タイヤ:GIANT S-R3 AC 700×28C

 

 

メーカープライス ¥69,300↓

 

¥54,800+TAX


 

 

ENVE

 

 

ENVE 65

 

 

 

「THE FOUNDROAD COLLECTION」とは精密に製造したカーボン製品を、より高いレベルを目指す一般サイクリストに向けて提供する、非常にコストパフォーマンスが高いラインナップとなっています。

 

 モールド成型のスポークホールとバルブステムモール、耐リム打ちパンクのリムデザイン、チューブレスの最適化、精密につくられたカーボンなど、価格帯に関わらず、プロライダー以外でも全てのサイクリストがこの最新のテクノロジーを体感できます。

 

 

 

 スペック

 

 

ホイールサイズ:700C

タイヤタイプ:チューブレスのみ

ブレーキタイプ:ディスク

ハブ:ENVE Foundation Road Alloy ID360 40tラチェット

リムハイト:65㎜

リム内幅:21㎜

リム外幅:28㎜

スポーク:Sapim CX Sprint

スポークホール数:24H/24H

重量:1621g

推奨タイヤサイズ:25~28㎜

最大空気圧:90psi/6.2bar

フリーハブ:SHMANO11S/SRAM XDR

チューブレスリムテープ&バルブ付属

 

 

 

 

 

 

¥179,800+TAX

 

 


 

GIANT 

 

GRAVIER 

 

 

 27.5×45㎜幅タイヤと専用設計の軽量アルミフレームが、そのルックスからは想像できない軽快な走りと安定性をもたらすGIANTの全く新しいスタイルのスポーツバイクGRAVIER(グラビエ)。

 ディスクブレーキを搭載し、舗装路から砂利道まで走る道を選ばないオールラウンダー!uniclipシステムを新採用し、ライトなどのアクセサリを簡単に装着できるなど細かい点まで抜かりはない。

 

 

 メインコンポーネント:シマノ・ALTUS(8Speed)

ブレーキ:前後油圧ディスクブレーキ

重量:11.6㎏

タイヤ:27.5×45㎜タイヤ

 

 

 

¥53,940+TAX


 

丸石サイクル

 

EMPERORツーリングマスター 

 

 

650Aタイヤ採用の正統派ランドナー!

オリジナルヘッド、本所製分割式マットガード、ラグ付フレーム、

ラージフランジハブ、トゥクリップ式ペダル、ポリッシュリム。。

の本格仕様!!

 

 ↑長きに渡って愛されてきた伝統的なスタイルを今に継承する650C

ランドナー。そのルックスからはキラキラと光る夏の海岸線や、木々が揺れる山々など、どこか懐かしい田舎の風景が連想されます。

 

 オリジナルヘッドパーツと分割泥除けの採用でコンパクトに輪行可能。

カットラグで組まれたオールクロモリフレームは美しさだけではなく、強さ(耐久性)を兼ね備えています。

 

 

 

 

重量:13㎏

フレーム&フォーク:クロモリ

メインコンポ:シマノ・クラリス(R2000)8S

フロントチェーンリング:48×38×28T

 

メーカープライス ¥143,000↓

¥123,500+TAX


相模サイクルの・・

 

 練習コース紹介 

 

 

第140回 三浦半島ライド(三崎口~久里浜港)

         

   (神奈川県三浦市~横須賀市)

     

 

みんなに大人気!三浦ライド!!

 

 

 

コース難易度:入門

コースタイプ:アップウン

ここまでの距離(サガミサイクルスタート):65㎞

アクセス:良い(境川→R134三浦方面→)

コース全長:11㎞

道幅:前半(普通)中盤(普通) 後半(普通)

路面状態:前半(普通)中盤(良好) 後半(良好)

交通量:多め

景色:とても良い

信号:少なめ

見所:油壷、城ヶ島、岩堂山、剣崎、三浦半島、久里浜港

補給P:コース上に自販機や飲食店あり

 


 

 ・コース自体がそこまできつくなく、かつ変化に富み、景色も良いと3拍子揃っており、さらにアクセスも良い為、初心者から上級者まで圧倒的な人気を誇る「三浦半島ライド」の最南端。

 

 

 ・「岩堂山」から見る風車(風力発電施設のプロペラ)の風景は全三浦半島ライドの中でも屈指の絶景として知られている。(京急のポスターにもなっている)

 

 

 ・城ヶ島大橋から剣崎、三浦海岸までのアップダウンは信号がほぼなく、(10㎞走って2つのみ)三浦半島全エリアの中でも最もノンストップで走ることの出来る場所としてバイカーにも人気。

 

 

 

 ・一応コースタイプは「アップダウン」ということにしているが、登り坂があるのは前半~中盤の数えるほどしかなく、後半の三浦海岸~野比~久里浜港まではほぼフラットである。(ただし三浦海岸は信号が多い)