世界の一流ブランド多数取り扱い!



パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
パイオニアペダリングモニターシステム取扱店
台湾大手メーカー「CKT」
ヨーロッパを拠点に活躍する台湾大手ブランド「CKT」
YAMAHA YPJ取扱店
YAMAHA YPJ取扱店

  • MAVICホイール祭り開催中!20~40%OFF!
  • 2018年モデル完成車セール
オンラインショップ情報
  • DEROSA2020モデル続々入荷しています。
  • Pay Pay決済で5%還元(消費者還元事業登録店舗)
  • MAVIC 2020年モデルご予約受付中!
  • TIME 2020年モデルご予約受付中!
  • 店頭でPayPay決済できるようになりました
  • GIANT 2019 TCR ADVANCED 1 SE が入荷しました
  • LOOK 2019 785 HUEZ RS が入荷しました
  • DEROSA 2019 IDOL が入荷しました
  • RIDLEY 2019 HELIUM X が入荷しました

 

2020

 

GIANT 

 

TCR SL2 

 

 

 トータルレースバイクとして全サイクルブランドを代表する知名度と実績を誇る(グランツール優勝、全日本選手権優勝など)ジャイアントを代表する「TCRシリーズ」。

 この名機の設計思想を軽量アルミフレームで再現し、抜群のコストパフォーマンスを誇る、レース志向の強いエントリーレーサー向けの、バイクこそこの「TCR SL2」です。

 

 ALUXX SL軽量アルミフレーム&OVERDRIVEフルカーボンフォークがもたらす高剛性と軽さはとてもレースエントリーモデルとは思えないほどの高性能。

 VARIANTカーボンピラーや耐パンク性に優れるチューブレスレディタイヤなどを装備し、直ぐにでも本格的な走りが体感出来る。

 

 

 

 メインコンポ:SIMANO ティアグラ10s

 サイズ:445㎜(S)

 タイヤ:GIANT GAVIAチューブレスタイヤ

 カラー:ネイビー

 

 メーカープライス:148,500↓

 

¥108,000+TAX

 

 


 

 

 

BRIDGESTONE 

 

RL3 DROP 

 

 

 

 国内バイクブランドの代表格「ブリヂストン」のロードスポーツモデルの中で最もリーズナブルな価格となっている初心者でも楽にロングライドと楽しむことが出来ると好評の「RL3 DROP」。

 

 

 上位グレードと同じくフルカーボンフォークが採用されているだけでなく、初めてロードレーサーに乗る方でも安心の「サブブレーキレバー」が標準装備されているのも嬉しいポイント。

 

 

 メインコンポーネントはシマノ・クラリス。

 

 フレームカラー:ホワイト、オーシャンネイビー

 完成車重量:10.1㎏

 メインコンポ:シマノ・クラリス

 サブブレーキレバー標準装備

 

 

 メーカープライス:¥92,400↓

 

¥75,600+TAX


 

 

ENVE

 

 

ENVE 65

 

 

 

「THE FOUNDROAD COLLECTION」とは精密に製造したカーボン製品を、より高いレベルを目指す一般サイクリストに向けて提供する、非常にコストパフォーマンスが高いラインナップとなっています。

 

 モールド成型のスポークホールとバルブステムモール、耐リム打ちパンクのリムデザイン、チューブレスの最適化、精密につくられたカーボンなど、価格帯に関わらず、プロライダー以外でも全てのサイクリストがこの最新のテクノロジーを体感できます。

 

 

 

 スペック

 

 

ホイールサイズ:700C

タイヤタイプ:チューブレスのみ

ブレーキタイプ:ディスク

ハブ:ENVE Foundation Road Alloy ID360 40tラチェット

リムハイト:65㎜

リム内幅:21㎜

リム外幅:28㎜

スポーク:Sapim CX Sprint

スポークホール数:24H/24H

重量:1621g

推奨タイヤサイズ:25~28㎜

最大空気圧:90psi/6.2bar

フリーハブ:SHMANO11S/SRAM XDR

チューブレスリムテープ&バルブ付属

 

 

 

 

 

 

¥179,800+TAX

 

 


 

2020

 

Bianchi 

OLTRE XR3DISC

 

 国内トッププロが使用する完全死角無しのリアルレーシングマシンが登場!ビアンキ独自の技術「カウンターヴェイル」(高剛性と高い振動吸収性をもつ)を採用し、ヒルクライムでも通用する重量でありながら高い空力をもち、強力なスプリントを受け止め、ハードなロングライドでも脚を残すことのできる超オールラウンダー!

 

フレーム重量:1110g

メインコンポ:シマノ105(R7000)

BB:プレスフィット

・カウンターヴェイル採用

・エアロロード

・エアロテーパードヘッドチューブ採用

・エアロシートポスト採用(シートクランプのオフセット量を調節可能)

 

 

 

メーカープライス ¥426,800↓

 

¥ASK!!

 

 

 

 

 

 

 

2020

 

Bianchi 

 

INTENSO SORA

 

 

 非常に高いコストパフォーマンスを誇るカーボンロード。ロードバイク初心者でも安心して乗りこなせる設計で、主にロングライドを得意とする(非常に振動吸収性に優れる)。

 

 

 メーカープライス ¥195,800↓

 

¥ASK!!

 

 


 

 

試乗車特価!!

 

ORBEA ORCA OMP

 

 ジャイアントTCR同様20年近くに渡り、スパニッシュブランド「オルベア」のフラッグシップモデルとして数々のレースシーンを駆け抜けてきたオールラウンドロード。

 特徴的なフォルムの、エアロロードのような極太カーボンモノコックフレームは今見ても古さを感じさせることなく、当時としては斬新だった。

 

 このオルカも10年近く前とはいえ当時の最新鋭機であり、他メーカーの現行モデルと並べても全く遜色ない。

 105(11S)を装備しているので、今後のパーツのグレードアップにも互換性などの問題はなく、ロード初心者からレース経験者の練習用としても安心して使用できる。

 

 

 シマノ105(11S)コンポーネント  530㎜

 

 

メーカー展示会で使用された試乗車です。小キズ、スポークサビ、使用感があります。しかしその分大変お安くなっております!

 

メーカープライス ¥396,000↓

 

¥驚愕価格!!!

 


 

 

TIME First

 

 

 LOOKなどと並ぶフランスの高級バイクメーカーTIME。

RTM工法という独自のカーボン成形法を用いて、自社製造で造りだされるフレームは、一般市民レーサーからトッププロまで非常に評価が高く、数多くの自転車メーカーが乱立する中でも高い地位を築いている。

 

 この「First」はその中でも完成車モデルとしてラインナップされていたバイクであるが、上位機種同様、全ての工程を自社工場で行っている。

 

 

 

 

シマノ105(10S)コンポーネント  サイズ XXS

 

 

メーカー展示会で使用された試乗車です。小キズ、スポークサビ、使用感があります。しかしその分大変お安くなっております!

 

メーカープライス ¥328,020↓

 

¥驚愕価格!!!

 


 

GIANT 

 

GRAVIER 

 

 

 27.5×45㎜幅タイヤと専用設計の軽量アルミフレームが、そのルックスからは想像できない軽快な走りと安定性をもたらすGIANTの全く新しいスタイルのスポーツバイクGRAVIER(グラビエ)。

 ディスクブレーキを搭載し、舗装路から砂利道まで走る道を選ばないオールラウンダー!uniclipシステムを新採用し、ライトなどのアクセサリを簡単に装着できるなど細かい点まで抜かりはない。

 

 

 メインコンポーネント:シマノ・ALTUS(8Speed)

ブレーキ:前後油圧ディスクブレーキ

重量:11.6㎏

タイヤ:27.5×45㎜タイヤ

 

 

 

¥53,940+TAX


 

 

 IDIOM2

 

 20インチ小径車の枠を超えた走りとして、走行性能に定評のあるイディオムシリーズ(2世代型)。

 他ロード&クロスバイク同様上級アルミ素材「アラックスSL」によるエアロ形状フレームにより、軽さと剛性を両立。

 輪行から普段使いまで様々なシーンで活躍!

 

 スペック

 

完成車重量:9.5㎏

フレーム:ALUXX軽量アルミ

フォーク:アルミ

メインコンポーネント:シマノ・ACERA(8Speed)

タイヤ:ケンダK1018 28C

 

 

メーカープライス ¥69,300↓

 

 

 

¥50,400+TAX


 

 

TIOGA

 

SPIDER

 

 その特徴的なルックスと性能で、軽量サドルとして一躍大ブレイクを果たした「スパイダーシリーズ」。

 「アンチスリップパッド」(ライディング時の骨盤の滑りを防止)

「ウェブメッシュ」(圧迫感を軽減&通気性を向上)

 より実践的に仕上がっているだけでなく、チタンレールを採用するなど素材選びにも抜かりはない。

 

 

 

↑STRATUM

 

 

 絶妙なバランスで組み合わせられた剛柔2層のウェブメッシュにより、

乗車中の様々な動きをサポートする「スパイダーストレイタム」。

着脱可能なアンチスリップパッド付!

 

メーカープライス ¥13,000↓

 

¥6,000

 


 

 2021 GIANT

 

 ESCAPE R DROP

 

 去年登場し、好評だった「エスケープRドロップ」が今年もラインナップが継続されます。

 クロスバイクの世界基準「R3」をベースに、サブブレーキレバーやシマノ製クラリスロードコンポーネント、30Cタイヤを装備。

 ロードレーサーなのにゆっくりのんびり走れる入門設計♪が嬉しいコストパフォーマンスにも優れた一台です。

 

 

 スペック

 

フレーム:ALUXX-Grade軽量アルミ

フォーク:Cr‐mo

重量:10.9㎏

メインコンポーネント:SIMANO CLARIS

タイヤ:700×30C

 

 

メーカープライス ¥↓72,600

 

¥57,000+TAX


 

丸石サイクル

 

EMPERORツーリングマスター 

 

 

650Aタイヤ採用の正統派ランドナー!

オリジナルヘッド、本所製分割式マットガード、ラグ付フレーム、

ラージフランジハブ、トゥクリップ式ペダル、ポリッシュリム。。

の本格仕様!!

 

 ↑長きに渡って愛されてきた伝統的なスタイルを今に継承する650C

ランドナー。そのルックスからはキラキラと光る夏の海岸線や、木々が揺れる山々など、どこか懐かしい田舎の風景が連想されます。

 

 オリジナルヘッドパーツと分割泥除けの採用でコンパクトに輪行可能。

カットラグで組まれたオールクロモリフレームは美しさだけではなく、強さ(耐久性)を兼ね備えています。

 

 

 

 

重量:13㎏

フレーム&フォーク:クロモリ

メインコンポ:シマノ・クラリス(R2000)8S

フロントチェーンリング:48×38×28T

 

メーカープライス ¥143,000↓

¥123,500+TAX


 

 CARRERA 2020

 

ER-01 フレーム

 

 

エントリーロードからのグレードアップに最適な圧倒的コスト

パフォーマンスに優れたフルカーボンフレーム!!

 

  エンデュランスロードという位置付けだが、この価格帯でこの出来は「素晴らしい!」の一言であり、レーシーなマットグレー&ライトイエローカラーに、1020g(フレーム単体)という重量は、例えばシマノであれば、105~アルテグラクラスのコンポーネントで組み付けても決して見劣りしない。

 

 

 アルミフレームのエントリーモデルからのグレードアップを考えている方や、これまでレースに出場してきて、これからはロングライドを中心に走っていきたいなどといった方にもおススメの一台です!

 

 

メーカープライス ¥118,800 ↓

 

特価¥97,200


 

 SCOPE

 

R5C フルカーボンクリンチャー

 

オランダ生まれの高性能&リーズナブルホイール!

オリジナルのリムとハブをもち、高い耐久性と横剛性を実現。

トッププロから一般のサイクリストまで幅広くカバーする

オールラウンドに活躍させられるスーパーホイールが登場!!

 

 

 

 

  他メーカーに比べて突出したスペックではないものの、そのルックスは個性的かつ機械的な美しさであり、名だたる超高級ホイールにも見劣りしない。

 

 心臓部には、スウェーデンの総合機械メーカー「SKF」と共同開発したオリジナルベアリングが搭載される。

 

 

 ハブの外側の限界点に装着されており、強固な横剛性をもつ。

エンドキャップ形状も独自のものとなっており、外部からの水分や塵の進入を防ぐ構造となっている。(ラビリンス構造)

 

 

スペック

 

 

総重量   1595g     メーカープライス ¥198,000↓

チューブレスレディ対応

リム高   55㎜

リム内径  19㎜      \サガミ特価!!

SKF社製ベアリング

サピムCX

RAYスポーク


サガミサイクルの・・

 

練習コース紹介

 

第103回 三国峠(神奈川県側)

 (神奈川県山北町~山梨県山中湖村

 

 神奈川最凶ここに君臨

 

 

コース難易度:超上級

コースタイプ:峠

コース全長:9.5km

サガミサイクルからの距離:82km

人気:普通

混雑:なし

景色:良い
路面:綺麗

道幅:やや広め

補給P:山中湖方面まで下らないと全くない。

見所:なし

 

 ・今年開催されるはずだった東京五輪ロードレースのコースとなっており、勝負所になると考えられていた神奈川県最大の難所。

 

 

 ・オリンピックロードの勝負所になると話題になる前から、きつさでは神奈川№1であろうとヒルクライマー達の間では常にその名が挙がる。

 

 

 ・比較的緩い「山梨県山中湖側」と比べると、そのきつさは雲泥の差であり、ここまで表と裏で違うのかと思うほど。(スタート地点の標高が違い過ぎるので仕方ないが。。)

 

 

 ・すぐ真下には去年、全日本ロードが行われ、五輪ロードでもゴール地点として設定されていた「富士スピードウェイ」があり、常にモーター音が飛び交っている。(峠の中腹付近まで聞こえる)

 

 

 ・「三国峠」とあるが、実際にはその2kmほど手前にある「明神峠」→三国峠の二段重ねであるが、明神峠から三国峠までは特に下るわけでもなく、そのまま登り続けるため、実際には三国峠がゴールのようなものである。

 

 ↑R246からが近道。真っすぐ行くと富士スピードウェイを通り過ぎ、国内最凶のヒルクライムともいわれる「富士あざみライン」のスタート地点である「須走方面」へと向かうことが出来る。三国峠へはここを右折し、山中湖方面へと向かう。この辺りはまさに超級山岳の密集地。。

 

 ↑このコースの特徴は最初からいきなりキツイこと。そしてその先も全く勾配が緩むことは無い。脚を休める場所は皆無だと思った方が良いでしょう。

 

 ↑序盤からいきなり勾配12%越え!容赦ない。。

 

 ↑ヘアピンカーブよりも直線的に登るケースの方が多く更にキツイ。

このような勾配のきつい急カーブでも、思いきりアウトを走っていると楽に感じる。

 

 ↑画像だとあまり伝わってこないが、この辺りは16%位の勾配があります。

 

 ↑とうとう18%超えました。ここまででまだ前半。

 

 ↑ここで勝負できる時点でプロレベルの脚をもっているといっても良いでしょう。並みのサイクリストなら自分のペースを守って走るのがやっとだと思います。

 

 ↑ちょこっとだけ勾配が緩みました。といっても10%位ありますが。。感覚がおかしくなってきます。

 

 ↑でもすぐに地獄へ引き戻されます。(´;ω;`)

 

 ↑中盤に入ると、最大の難所である激坂凹凸区間へと入ります。

ここの最大勾配は22%以上はあり、しかも何気に長いのが特徴です。

あまりのきつさに思わず蛇行したくなるほど。。

 

 ↑Eバイクに乗りたいです。( ノД`)

 

 ↑上から見ると滑り落ちていきそうな感じです。コロナがなければ、ここを世界のトップレーサー達が凄まじい形相で登っていく光景を見ることができたのですね。

 

 ↑このコースのえげつないところは、最大の難所を通り過ぎても勾配がまだ16%以上は普通にあるという点でしょう。まさに容赦なしという感じです。

 

 ↑しかもまた20%近くの勾配となり、コースの脇(下り側)には退避所が設けられています。

 

 ↑「明神峠」に到着!初めて来た方はこの後下りだと思ったのではないでしょうか。なんとこの後、何事もなくまだ登り続けるのです。「三国峠」が真のゴールなのです。この間の「明神峠」とは一体。。

 

 ・霧がいきなり出てきました。

 

 ↑後半戦へと入ります。さっきのスゴイ霧は何だったのか。。

勾配は若干緩みます。明神峠から三国峠までは約2km位。

 

 ↑景色は山中湖方面側には及びませんが、まあまあ。

 

 ↑後半も依然きついですが、最初~中盤に比べると大分マシ。

 

 ↑残り1kmを切りました。目安が分からないと本当に精神的に参りますね。

 

 ↑三国峠に到着!この登坂強度は尋常ではないです。流石はオリンピックの勝負所に選ばれるだけのことはあると思いました。

 来年こそはここを、世界のトッププロトンが通過する光景を見ることが出来るでしょうか。


サガミサイクルの・・

 

練習コース紹介

 

第102回 三国峠(山梨県側)

 (山梨県山中湖村~神奈川県山北町)

 

 大絶景のパノラマ台が有名な富士山を

満喫出来る小ヒルクライムコース!

 

 

コース難易度:初級

コースタイプ:峠

コース全長:5.2km

サガミサイクルからの距離:86km

人気:高い

混雑:あまりない

景色:最高
路面:綺麗

道幅:普通

補給P:スタート地点の山中湖周辺に沢山あり。

見所:大パノラマ台

 

 ・何といってもコースの途中にある「大パノラマ台」が有名で、見事なまでの富士山と山中湖の絶景が堪能できる。

 

 

 ・頂上は標高1000mを越えるが、スタート地点の山中湖の標高が近い位(日本で3番目に高いそう)あるので、実際の標高差は200mにも満たず、初心者でもこなせるレべル。ただ前回の裏ヤビツ同様、ここまで行く方が大変。

 

 

 ・裏っ側(神奈川県側)は東京五輪ロードで勝負所になる(はずだった)ほどの凄まじいきつさを誇る。下りはカーボンリムならリム変形を起こす可能性があるので細心の注意が必要!

 

 

 ・ふもとの山中湖は国内を代表するリゾート地であり、様々な山中湖グルメを味わうことが出来、補給の心配はまず無い。

 

 

↑山中湖からのスタート!道志みち側から来るとそのまま通りすぎてしまいそう。。

 

 ↑序盤には別荘やお洒落なレストランなどが多く立ち並び、ヒルクライム感は全くない。

 

 ↑距離が短い分、前半の勾配はなかなか急。

 

 ↑別荘やカフェ、レストランなどが姿を消し、辺りは緑に包まれますが、すぐに開けます。

 

 ↑正面に名物の「大パノラマ台」が見えてきました。勾配は緩みます。

 

 ↑大パノラマ台付近は、大きなカーブになっているので直ぐ分かると思います。

 

 ↑絶景です!!多くの方が訪れていました。

 

 ↑道幅もそこそこ広く綺麗なのも魅力♪

 

 ↑三国峠が見えてきました。頂上にはな~んもございません。


サガミサイクルの・・

 

練習コース紹介

 

第101回 裏ヤビツ

    (神奈川県秦野市)

 

 意外とファンの多いマニアコース!

 

 

コース難易度:初級

コースタイプ:峠

コース全長:6.1km

サガミサイクルからの距離:61km(現在宮ケ瀬方面からは通行止め)

人気:あまりない

混雑:なし

景色:微妙
路面:荒れているというか濡れている。

道幅:基本広くはないが狭すぎもしない。

補給P:夏期限定でレストハウスなどあり。途中湧き水あり。

見所:特にこれといってなし

 

 ・表側(海側)が超メジャーなので、その影に隠れがちだが、実は昔から多くのコアなファンをもつマニア向けコース。

 

 

 ・特に何があるわけでもなく、ヒルクライムコースとしても他のコースに比べて特徴も何もないコースだが、何ともいえない独特な雰囲気があるのは確かで、古くから沢山のマニアサイクリスト達を引き寄せてきたというのには納得できる気がする。

 

 

 ・いつ行っても路面が所々濡れているので、表側から下ってくる時は要注意!また荒れている区間もある。

 

 

 ・去年9月に来襲した「台風19号」の影響で、宮ケ瀬方面への道が崩落し、未だに復旧されていない為、現在、宮ケ瀬方面から向かう、もしくは宮ケ瀬方面へと抜けることは出来ないので注意!!

 

 

 

 ・一応、小さなカフェやレストハウスなどが点在しているが、夏期限定の為、それ以外は全く営業していない可能性があるので注意!最悪ハンガーノックになってしまうと、R246まで向かわないと飲食店やコンビニなどは一切ない。(名物の湧き水だけはある。)

 

 ↑去年の大型台風の影響で道路が崩落。宮ケ瀬方面へ抜けることは出来ない。もしくは宮ケ瀬側から向かうことは出来なくなってしまっています。

(知らないで来てしまった方は相当なショックを受けたはず。。向こうに行けるのはこの道しかなく、戻るにももう一度ヤビツを登り返さないといけないため)

 

 この日、相模サイクル周辺の気温は午前10時の時点で30°を越えていたのですが、↑を見ての通り21°!かなり涼しいです。

 

 

 ↑周囲は完全に山に囲まれており、風の音と川の流れる音しか無く、まるで外部から遮断されたような感じにさえなります。本当に不思議なコースです。

 

 ↑崩落した現場の写真です。エライことになっています。いつ復旧できるのか目途が全く立っていないほど酷いようです。

 

 ↑徐々に勾配を上げていきます。昔は裏ヤビツといえば、「道が荒れている」といった印象がかなり強かったのですが、今はそうでもなく、至ってまともに走れます。(一部いまだに荒れている場所あり)

 

 ↑見通しの良い大きなヘアピンコーナーを曲がっていきます。なんと鹿がいました!!(向こうがビックリしてすぐに逃げ出したため画像は撮れませんでした。)

 

 ↑表側(R246側)から下ってくる時は路面の荒れ具合よりも、所々濡れている区間に注意した方が良いでしょう。回避した為に対向車と接触!という事態も考えられます。

 

 ↑コース中盤には、期間限定のレストハウスがあります。気になる方は夏期であっても、行く時はよく調べてから行った方が良いです。内房の時もそうでしたが、行ったらなぜか閉まっていたというケースがとても多いからです。

 

 ↑中盤のレストハウス前を通過すると勾配が少しきつくなります。

 

 ↑マニアサイクリストは必ずここに立ち寄るといいます。裏ヤビツ名物の湧き水です。そのまま飲むことが出来るので、夏場は自販機などすらないこのコースでは非常に助かります。

 

 ↑湧き水付近は勾配が少しきつかったですがすぐに緩みます。メジャーな表側に比べると難易度は低いです。初心者でもこなせるレベルですね。ここまで来る方がきついのではないでしょうか。

 

 ↑クネクネした道が続きます。景色は森ばかりで微妙です。

 

 ↑ヤビツ峠の最高点に到着しました。ヒルクライマーにはもう説明不要の場所ですね。これまで表側しか走ったことのない方、たまには「裏」もいいですよ!