2017年1月~6月

BIanchi2018

性能を力説する開発責任者のアンジェロさん
性能を力説する開発責任者のアンジェロさん

 人気イタリアンブランド「BIANCHI」の2018年モデルが発表されました。今回の発表の目玉は、新しく登場するビアンキ初のエアロロード「ARIA」です。

 一見するとあまり斬新さは無く、割とシンプルにまとめられた設計です。これがハイエンドモデルではなく、コストパフォーマンスの高い完成車仕様での販売となります。アルテグラコンポ仕様でメーカー価格\348,000(税別)、105コンポ仕様で\248,000(税別)と結構攻めた価格設定です。

 

 さらに、売れ筋となりそうなのが価格が大幅におさえられた「SEMPRE PRO」です。105コンポ仕様でメーカー価格¥210,000(税別)と、2017年モデルよりも5万円以上安くなっています。プロチームにも供給していたフルカーボンモデルがこの価格で買えるなんて!

 

 初回注文受け付けております。初回分は7月9日までの受注分となりますので、新モデルをいち早く手に入れたい方はお早めに!

 

text■塚田

続きを読む 0 コメント

MAVIC2018

 常に最先端を行く世界のホイールブランド「MAVIC」がこのたび大胆なモデルチェンジを発表しました。

 遂にロードバイク用のチューブレスホイールを世に送り出します。今までクリンチャー仕様で販売していた主要モデル(上位モデルのほぼ全て)がチューブレス化します。MAVICはホイールとタイヤをセットで販売しているので、チューブレスタイヤが装着された状態での販売となります。

 今さらですか?と思うかもしてません。完組みホイールの元祖「ヘリウム」やアルミスポークの「キシリウム」、さらにはエグザリットリムと、MAVICの技術は常に他メーカーの一歩先を進んでいましたが、ロード用チューブレスホイールの開発はシマノやカンパニョーロにだいぶ遅れた形となりました。

 

 シマノがチューブレス対応のWH-7801SLを発売してから10年以上経過しますが、ロード用チューブレスは一定の市民権を得たとは言えない状態です。クリンチャーに比べて、乗り心地や転がりの軽さ、パンクの耐性などメリットは色々とあるのは確かなのですが、皆さんが口を揃えて言うのが「タイヤの取り付けや取り外しが面倒」、ほぼこの一点に尽きます。

 MAVICが今頃になってチューブレスを出してきたのは、タイヤを共同開発することでこの大きなデメリットを解消することが出来たからです。チューブレスなのにはめ外しがかんたん。実際に試してみることも出来ました。レバー無しでもホイールから取り外せるし、はめた後も携帯用ポンプでタイヤビードがあがりました。これなら出先でパンクしてもクリンチャーと変わらずかんたんに対処ができそうです。リムとタイヤの寸法誤差を限りなく少なくできるMAVICの製造技術がこれを可能にしました。

 このMAVICの販売戦略が成功すれば、ロードバイクのタイヤは一気にチューブレスが広まることになるかもしてません。ちょっと今後が楽しみです。

 

text■塚田

続きを読む 1 コメント

本日のサイクリング会(オギノパン)

 本日のサイクリング会は定番の初心者コース、厚木のオギノパンに向かいました。今日は午後から雨の予報でしたが、午前中は曇り空で風もあったので涼しかったです。梅雨時期は自転車に乗れる機会が減ってしまいがちですが、こういう天気の合間に乗っておきたいですね。

 今回は久しぶりの方や初参加の方にもお越しいただき、和気あいあいとした雰囲気で楽しいサイクリング会でした。自転車乗りが集まると機材トークも盛り上がりますね。

 

 次回は7月9日に行う予定です。初めての方も大歓迎です。

 

text■塚田

2 コメント

ペダリングスキルアップサポートキャンペーン

 効率の良いトレーニングに必要なパワーメーターは、ホビーレーサーの間でも普及率は上がってきています。

 パワートレーニングの導入を検討されている方に朗報です。パイオニアのペダリングモニターのセンサーとサイクルコンピューターをセットで購入すると、今なら割引価格で購入できます。

 

左右パワーセンサー + SGX-CA500

 メーカー価格¥159,400(税別)→ ¥138,000(税別)

 (¥23,112お得!)

 

片側(右or左)パワーセンサー + SGX-CA500

 メーカー価格¥104,600(税別)→ ¥94,800(税別)

 (¥10,584お得!)

 

 キャンペーン特価でのご注文受付期間は8月28日までです。

 

text■塚田

0 コメント

MAVICのステマ

MAVIC ヘリウム
MAVIC ヘリウム

 古くからリムメーカーとして知られるMAVICですが、1996年に完組みホイールの元祖とも言われる「ヘリウム」を世に送り出した先駆的なホイールブランドでもあります。

 その後1999年に登場した「キシリウム」は手組みホイールでは成し得ない特殊な構造で一世を風靡し、現在でもMAVICの看板モデルとなっています。

 アルミ合金の「ジクラルスポーク」を採用したことで軽量で剛性の高いホイールが設計可能になり、完組みホイールの優位性が大きく高まりました。

続きを読む 0 コメント

本日のサイクリング会

 まだ5月とは思えないくらい暑い日が続きます。本日のサイクリング会も天候に恵まれましたが、今回の参加者は珍しく少人数でした。ちょうど今時期は各地でサイクルイベントが行われているシーズンど真ん中ですね。

 今回のコースは昨年12月にも訪れたことのある円海山に向かいます。少人数だったので先頭を交代しながら行きました。

 

 CKT-799で激坂を何本か登りましたが、感触は良いです。ダンシングの感覚にも慣れてきたので、トルクを無駄なく路面に伝えられます。やっぱりこのフレームは登りが良いですね。

 帰路で路面の出っ張りに気付かずに乗り上げて吹っ飛びかけましたが、ギリギリ持ちこたえて落車は回避できました。フレームがだいぶ体に馴染んできたのでしょうか、慣れないバイクだったら確実に転んでました。

 

 次回は6月18日に行います。そろそろ梅雨時期なので天気が心配です。

 

text■塚田

0 コメント

ALFINE Di2 搭載完成車

 ロードバイクやマウンテンバイクはスプロケットをチェーンが移動して変速する「外装変速」が主流ですが、コンポメーカーのシマノはハブの内部で変速する「内装変速」にも力を入れています。ママチャリの「内装3段」なんかが代表的ですが、内装変速の究極は11段変速の「ALFINE」です。

 

 内装変速のメリットは、チェーンがギア間を移動しないのでチェーン落ちのリスクが少ないこと、変速のメカニズムがハブ内部に納まっているのでメンテナンスの頻度が少なくて済む、ペダルを止めている時でも自由に変速できる、などが挙げられます。

 逆にデメリットとしては、重量が(とてつもなく)重い、ハブの駆動抵抗が通常より大きい、などがあり、ロードバイクに採用するには厳しいものがあります。特にスピードを求めない街乗りとして割り切れば悪くないかもしれません。

 このALFINE内装変速にもDi2バージョンがあり、文字通り電気の力で変速させることが出来ます。

続きを読む 3 コメント

edco11速カセット

 10速用ホイールをお持ちでリアを11速化したいときに、ほとんどの場合でフリーボディを交換すれば済むのですが、シマノホイールやZIPPの一部のモデルでは交換可能な11速対応ボディーが存在しません。そのせいで、泣く泣く10速のまま使用し続けるか、おとなしくゴミ箱に放り投げるかの2択を迫られることになります。

 

 今回紹介するカセットは10速用フリーボディに取り付け可能な11速カセットです。これでいくつかのホイールはゴミ箱行きを免れることができそうです。

続きを読む

MAVICホイール特価セール!

 MAVICホイール人気モデルが20~40%OFFの大特価です。

 ホイールを交換するだけで走りは劇的に変わります。完成車を購入してまだパーツ交換をしたことがないのであれば、まずは足回りからグレードアップするのが正解です。MAVICホイールはタイヤ付きなのでさらにお買い得ですよ!

 

【対象モデル】

COSMIC ULTIMATE 

COSMIC CARBON 40T (旧モデル40%OFF)

COSMIC PRO CARBON SL C

COSMIC ELITE

KSYRIUM PRO CARBON SL C

KSYRIUM PRO EXALITH SL 

KSYRIUM PRO EXALITH 

KSYRIUM PRO SL

KSYRIUM PRO 

KSYRIUM ELITE

 

のモデルは店頭在庫がございますのですぐにお持ち帰りできます。

0 コメント

SPEEDPLAY限定カラー

 私も個人的に愛用しているSPEEDPLAYの「ZEROステンレス」。今回は貴重な限定カラーがいくつか入荷しました。

 まずは、ジロも開幕したということでマリアローザをイメージした「ピンク」、そしてビアンキオーナーに人気が高い「チェレステ」、ポップな「オレンジ」、そてこちらのみ付属のクリートカバーまで同色の「チームグリーン」、以上計4色です。

 

 SPEEDPLAYは「着脱のクセがすごい」というイメージがありますが、確かに使い始めははめるのに苦労します。一方で外すのは実は楽で、初心者でもかんたんに外せると思います。慣れてしまえば簡単にバシバシはめられるようになるので両面使える点が非常に有利です。あと、クリートカバーを装着したまま使える点も実に便利です。気になる方は試してみてください。

 

 全て在庫限りで次回入荷は未定となりますのでお早めに!

 

text■塚田

0 コメント

本日のサイクリング会

 本日のサイクリング会は山下公園方面、約40kmの初心者向きコースです。大型連休最終日だからか、参加者はいつもより少なめでした。

 晴天続きのゴールデンウィークでしたが、今日は曇りがちの空だったので暑さも和らぎました。まさにサイクリング日和でしたね。

 野毛山の坂は行きと帰りで双方から登りましたが、どちらもなかなかキツかったです。皆様お疲れ様でした。

 

 次回は5月28日に行います。今度はどこへ行きましょうか。

 

text■塚田

続きを読む 0 コメント

オリジナル手組みカーボンホイール

 以前紹介したオリジナル軽量アルミホイールが好評なので、もっと軽いの作れないかってことで第二弾はカーボンホイールを組みました。

 リムはTNIの38mmハイトフルカーボンチューブラー(340g)。ハブは前回のと同じエボリューションライトハブで、フロントが20H、リアが24Hです。スポークは高強度で軽量なエアロスポーク、SAPIM CX-RAYを使用しました。

 

続きを読む 0 コメント

Claris(R2000シリーズ)登場

続きを読む 2 コメント

パワーメーター1万6千円

 世界最小(?)のパワーメーター「AROFLY」のご紹介です。

 画像の左側に見える、直径22mmほどの丸い物体がなんとパワーセンサーなのです。重さはたったの10gでタイヤのバルブに取り付けます。どうしたらこんなんでパワーが測れるのでしょうか?

 

 理屈はこのようになっております。航空機などの対気速度を計測する「ピトー管」の技術を応用してタイヤ内圧のわずかな変化を計測します。ペダルを踏み込んだときにタイヤにかかる力と速度やホイールの回転数などからペダリングパワーを計算する仕組みのようです。

 計測された数値をBluetoothを通じてスマートフォンの専用アプリに転送してパワーが表示されます。パワーのほかにスピードや距離、ケイデンスも計測可能です。

続きを読む 0 コメント

CKT-799インプレ(試乗編)

 さて、「組立て編」に引き続きCKT-799の試乗インプレです。先日のサイクリング会と通勤などで合計160kmくらい乗りました。その間に感じたことを率直に書いてみようと思います。

 

 ところで、よく雑誌とかネットの記事で様々なモデルの試乗インプレを読むことがあると思います。基本的にあれ、信用しちゃいけません。政治的な圧力がかかっていたり、単なるステマだったり、結局よくわからない表現でお茶を濁されています。ですので、これから私が書くことも信用してはいけません。単なるステマかもしれません。

 

続きを読む 9 コメント

本日のサイクリング会(中級コース)

 先々週のサイクリング会では冬用グローブにウィンドブレーカーを着ていたのに、今日は夏グローブで半袖!一気に暖かくなりました。道中で多くのサイクリストとすれ違いましたが、ほとんどの方が半袖短パンでした。自転車で汗だくになるのも久しぶりな気がします。

 

 本日のコースは距離がやや長めで前半は平坦巡航、後半はアップダウンが連続する、いつもよりややハードだったかもしれません。

 平坦部分では他の参加者にも先頭を代わってもらったりしたのですが、やたらとペースが上がって中切れしてしまいました。私もたまには人の後ろで走らさせてもらえてよかったです。

 後半のアップダウンでは足が攣りながらもがんばりましたが、最後のほうは流して終了。明日は筋肉痛です。

 

 今回は新しいフレーム、CKT-799で参加したのですが、登りと加速のキレが良かったです。詳しいインプレは次回書きます。

 

text■塚田

続きを読む 0 コメント

CKT-799インプレ(組立て編)

 高品質で低価格なカーボン製品を数多く手がける台湾ブランドCKTのフラグシップモデルの軽量カーボンフレーム「CKT-799」を組みました。

 重量はMサイズでカタログ値が810gとなっていますが、実測してみるとリアハンガーがついた状態で806gでした。正直者ですね。

 機械式コンポ・Di2両対応でケーブル類は全てフレームに内蔵されます。

 

続きを読む 0 コメント

デュラエース9000とR9100(素朴な疑問27)

ひさしぶりの素朴な疑問です

 

中年A様からのご質問

 

質問:新しいデュラエースは具体的にどこが良くなっていますか?9000系を使用しているのですがグレードアップする価値はありますか?

 

 

 これは店頭でもお客様からよく聞かれる質問です。正直に言えば7900から9000に変わったときに比べて今回のモデルチェンジはインパクトに欠けます。11速のままですし。7800から7900に変わったときも10速のままでしたが、新しいほうが評判悪かったです。果たして今回のモデルチェンジはどうなっているのでしょうか。

 

 まずは見た目。新しいR9100の方が評判悪いです。高級感は9000に軍配が挙がるように思ます。でもこれはモデルチェンジする度に毎回言われることだし、好みの問題だからやんわりとスルーしておきましょう。

 

 次にわかりやすいところで重量を比較してみます。まずは機械式コンポから。

続きを読む 0 コメント

CKT138

 すっかり春らしくなって、自転車に乗るには最高の季節です。初めてロードバイクを購入する方におススメの、台湾ブランド「CKT」のお得な完成車をご紹介します。

 アルミフレームにシマノTIAGRA10スピードコンポを搭載したベーシックなモデルです。カラーはマットブラックとマットホワイトの2色。

 

続きを読む 0 コメント

本日のサイクリング会

目久尻川 北部公園
目久尻川 北部公園

 本日のサイクリング会は「お花見サイクリング」のつもりでしたが、ここ数日の寒さのせいでまだ満開にはほど遠い状態でした(そういえば去年もこんな...)。

 

 コースは昨年と同様、大和の千本桜~綾西緑地~目久尻川の桜~東原の桜並木~海軍道路という桜の名所を巡りました。全体的に蕾は膨らんできていますが、まだちらほらと咲き始めたような感じです。また来年に期待しましょう。

 

 次回は4月16日(日)に行います。藤沢方面に向かう予定ですが、いつもより速めのペースでひきずりまわします走りますので、強度はやや高めになるかもしれません。

 

text■塚田

0 コメント

CKTカーボンホイールが安い!

 コストパフォーマンス抜群のカーボンフレームが好評の台湾ブランドCKTから、こちらもコストパフォーマンス抜群のカーボンホイールが入荷しました。

続きを読む 0 コメント

ASTUTEのバーテープ

 HAND MADE IN ITALYで知られるイタリアの新興サドルブランド「アスチュート」から高機能でお洒落なバーテープが登場しました。

 材質はベルベット調の「ラグジュアリーブラック」とハイグリップタイプの「ダークレース」の2種類。バーテープのカラーは黒系1種類のみでメーカーのロゴがデザインされています。

 おもしろいのがバーテープに付属するエンドテープがはじめから3色入っており、この色の組み合わせが4パターン(下記)からチョイスできるようになっています。このエンドテープはバーテープの素材にマッチする質感で各色4枚入りなので、巻き始めと巻き終わりにそれぞれ使えばお洒落なアクセントになります。

 触った感じはどちらも手に吸い付くような好感触なので、個人的にも次に巻きかえるときはこれを使ってみたいと思います。

 

text■塚田

続きを読む 0 コメント

手組みで1300g台

 ヒルクライムには軽いホイールが有利です。前後セットで1000gを下回るような超軽量ホイールはそれだけでも「必殺飛び道具」となりますが、通常は軽ければ軽いほどお値段はものすごいことになります。

 比較的手頃でヒルクライムでも使える軽いホイールといえば、10万円前後くらいのアルミホイールが相場だと思います。それでも決して安い買い物ではありませんよね。

 

 そこで、使い勝手が良いアルミのクリンチャーリムで「ショミンノミカタホイール」を組んでみました。このTNIのAL22リムは軽い部類(約380g)ではありますが、耐久性無視のペラペラリムではありません。それなりにスポークテンションをかけられますし、20H~32Hと穴数が豊富なのが良い。フロントは20H、リアは24Hをチョイスしました。ハブはコスパ重視で同じくTNIのエボリューションライトハブ(シマノ11速対応)。スポークは信頼性の高いDT SWISSでバテッド加工のCOMPETITION。ニップルはアルミを使用。

 

 実際に重量を測ってみると、フロントが585g、リアが785g、前後で1370g!15万円クラスのホイールと同等ですね!

 で、「このホイールを10万円でどうですか」って言ってもぜんぜんうれしくないですよね。さんまんきゅうせんはっぴゃくえん(税別)でどうですか!!その代わりクイックは付属しません、ゴメンナサイ。

 

 同じ重量での剛性は完組みホイールに敵わないかもしれませんが、それなりにしっかり組めばヘビー級のパワーライダーでない限り不満はないかと思います。スポークの本数や種類を違う仕様で組むことも出来ます(価格は変わります)ので、ご希望の方はご相談ください。

 

text■塚田

続きを読む 2 コメント

本日のサイクリング会

 本日のサイクリング会は初心者向きコース、町田方面に向かいました。

 目的地は何度か訪れたことのあるパン屋さんです。このパン屋は自転車用のラックが駐車場に設置されていることもあってか、いつもサイクリストで賑っています。

 道中も今日はたくさんの自転車乗りを見かけました。もうすっかり春ですね、って言いたいところですが、今朝はけっこう冷え込んで寒かったです。

 

 次回は4月2日、桜の満開時期を狙った「お花見サイクリング」です。昨年は見ごろを逃したので、今回は天気に恵まれると良いですね。

 

text■塚田

2 コメント

ルビノPROチューブラー

                   23-28" 25-28" メーカー価格¥7500(税別)
                   23-28" 25-28" メーカー価格¥7500(税別)
続きを読む 0 コメント

ホイールの季節

 もう3月です。シーズンはじめは何故かホイールが欲しくなります(実際よく売れます)。完成車で買ったときに付いていたホイールをまだ使っているのなら、「ホイールを変えるだけでこんなに走りが変わるのか!」という感動を味わえますよ。MAVICの人気モデルがセール特価です。

続きを読む 0 コメント

本日のサイクリング会

茶臼山
茶臼山

 本日も晴天に恵まれました。寒さも和らぎ、日差しは春の暖かさを感じます。

 今日のコースは新百合ヶ丘方面に向かう約40km。所々にアップダウンをちりばめてなかなかタフなコースになりました。茶臼山の激坂は銭洗い弁天をほうふつとさせるような破壊力がありますね。自宅近くのおすすめスポットです。

 後半はルートと違うところも走り、最後のほうで後続が付いて来ているのを確認できず数名とはぐれてしまい申し訳ありませんでした。

 

 のんびりゆっくり走るのも自転車の楽しみ方のひとつですが、キツイ思いをしてこそ上達することが出来ます。上達すれば速く楽に走れるようになるので楽しみもさらに増えると思います。また、一人で走るよりも自分より早い人たちと走ることが刺激にもなりますね。新しい機材を購入した参加者の方たちがめきめきと速くなってきているので私も負けないように頑張らなくては。

 

text■塚田

4 コメント

Bianchiの厳選特価車!

 さて、そろそろ自転車に乗りたくなる季節がやってきますね。人気イタリアンブランド「Bianchi」から3車種、数量限定の特価車のご案内です。掲載している画像と実際の商品は多少異なる場合がありますので、ぜひ店頭でご確認ください。他にも特価品が多数ございます。

続きを読む 0 コメント

待望のシマノパワークランク

 シマノから登場するパワーメーター内蔵クランクFC-R9100-Pがいよいよ受注開始となります。コンポメーカーの純正パワークランクということで発売前から大きく注目されてきましたが、詳細な機能がようやく明らかになってきました。

 通信規格はANT+を採用(Bluetooth非対応)。左右のクランクにパワーセンサーを搭載し、充電式のバッテリーはシャフトに内蔵されます。サイクルコンピューターに表示可能な主な機能は、

・パワー

・パワー左右バランス

・ペダルスムーズネス

・ケイデンス

・トルクエフェクティブネス

・バッテリー残量表示

などです。最新のGARMIN EDGEシリーズが表示できる機能を網羅しています。中でもやや聞きなれない機能がいくつかありますね。

 

 まず「ペダルスムーズネス」。これはペダル一回転ごとでの平均トルクと最大トルクの差を表し、差が少ないほど数字が小さくなります(同じ場合は0%)。トルクのムラが少ないほうがペダリングがスムーズであるということになるんでしょうか。

 

 そして「トルクエフェクティブネス」。これはパイオニアのペダリングモニターをお使いの方なら「ペダリング効率」と言い換えればわかりやすいでしょう。ペダリングサイクルごとの総出力に対する有効出力の割合です。ペダリングの回転方向にしっかりトルクをかけられていれば数字が大きくなります。これが表示可能ということは、センサーはクランクが所定の位置に来たときのパワーがかけられている方向(つまりベクトル)を計測しているということになります。感のいい方ならお分かりですね。将来性に期待できそうです。

 

 詳細が明らかになると、これは当初の想定よりもすごいことになりそうな予感がします。パイオニア危うし!

 

 初回分の入荷時期は7月以降の予定です。当店でご予約いただくとサガミ特価¥129,300(税別)です。もちろんクランク込みの価格です。

 初回ロットでの受注締め切りは2月28日までですのでお早めに!

 

text■塚田

0 コメント

カンパEPSキャンペーン

 カンパニョーロEPSが期間限定のキャンペーン特価です!

 電動変速の普及率としてはシマノDi2に圧倒的に水をあけられてしまっていますが、そこはやっぱりカンパニョーロ、高級感や特別感ではワンランク上を行っています。性能面でもアップデートを重ねるごとに洗練されており、ANT+やBluetoothなどの最新技術にもいち早く対応しています。操作感は個人的にEPSの方が好きです。

 

 今回のキャンペーンではEPSのフルセット(エルゴパワー、フロントディレーラー、リアディレーラー、パワーユニット、インターフェイス、充電器、ブレーキセット、クランク、BBカップ、スプロケット、チェーン)とホイールのセットでご注文した場合に特別割引が適応されます。

 

スーパーレコードEPSフルセット+シャマルULTRA or シャマルMILLE

レコードEPSフルセット+シャマルULTRA or シャマルMILLE

コーラスEPSフルセット+ZONDA

上記のセットがキャンペーン特価の対象です。

 

 このキャンペーンを利用すればレコードEPSがDURA-ACE Di2に近い価格で買えることになりますので、フレームから組立てを検討されている方にとって新たな選択肢になるかもしれませんね。

 詳しい価格は仕様によって異なりますので店頭にてお見積もりいたします。

 キャンペーン割引は3月31日まで!

 

text■塚田

0 コメント

来たぞ、Bluetoothだ!

続きを読む 1 コメント

新デュラDi2

 新型DURA-ACEのDi2(R9150シリーズ)コンポセットのデリバリーが始まりました。

 前作の9000シリーズも十分に完成度が高かったので、今回のモデルチェンジではあまり大きくは変わっていないように思えます。目玉となっているのは新機能の「シンクロシフト」でしょうか。シンクロシフトはXTRのDi2で既に搭載されている機能で、前後のディレーラーが連動して変速する機能です。今回DURA-ACEのDi2では二つのモードが選べます。

 

シンクロシフトモード

リアの変速操作で任意のところでフロントが自動で変速

セミシンクロシフトモード

フロントの変速操作で自動的にリアを任意の段数変速させる

 

 シンクロシフトモードを使えばリアの変速操作だけで一番重いギア比から一番軽いギア比まで(クロスラインを避けつつ)変速することが出来ます。リアが何段目のところでフロントを変速させて、そのときにリアを何段分戻すかといった細かい設定が出来ます。

 セミシンクロシフトモードではフロントをインナーに落としたときにリアが自動で数段シフトアップされます。インナーからアウターに変速させると今度はリアが自動で数段シフトダウンします。これを何段変速させるかを設定できます。

 

 これらのモードはジャンクションAのボタン操作で走行中に切り替えることが出来ます。

続きを読む 0 コメント

パワーメーターデビュー

 高機能でパワーメーターの普及に一役買ったパイオニアの「ペダリングモニター」のお得なキャンペーンです。

 本来はフルセットで使用することで独自の機能を存分につかえるのですが、パワートレーニング入門用として左クランクセンサー(SGY-PM910VL)のみでのお試し価格となります。

 

 よほど左右のバランスが悪くない限り、左センサーだけでも十分に精度の高いパワー計測が出来ます(STAGESと同じ方式ですね)。GARMINなどのANT+対応のサイクルコンピューターがあればメーターにW値が表示可能です。対応クランクはシマノFC-R9100、FC-9000、FC-6800、FC-5800他。 

 トレーニングする上で重要な指標となる「ペダリングパワー」を数値化することで、より実践的なデータ収集やトレーニングメニューが作成できるのでワンランク上を目指すサイクリストにとってはもはや「マストアイテム」になりつつあります。

 

 それでもまだまだパワーメーターは高価なのでなかなか手が出せないでいる方も多いことでしょう。それがこの価格なら!「買い」かもしれません。通常価格¥74,800(税別)のところ、

 

 

 

ごまんきゅうせんはっぴゃくえん!!

 

ごまんきゅうせんはっぴゃくえん!!

 

ごまんきゅうせんはっぴゃくえん!!

(税別・クランク別)

 

 

 

 

上記の対応クランクをお持ちの方は考えてみる価値は十分にあると思います。

 

パイオニアSGY-PM910VL

通常価格¥74,800(税別)

キャンペーン特価¥59,800(税別)

キャンペーン締め切り3月21日

メーカーキャンペーンサイト

 

text■塚田

 

0 コメント

スマートトレーナー

 ローラートレーニングって単調でつまらないと思われているかもしれませんが、最近はローラー台もいろいろな種類が増え、なかでも「スマートトレーナー」というジャンルが今後人気を集めそうです。何がスマートなのかと言えば、スマートフォンやタブレットと接続して走行データを表示させたり、風景の動画と連動させたりする機能があることです。

 

 今回紹介する「Tacx SatoriSmart」はスマートトレーナーの中ではエントリーモデルですが、基本的な機能を十分に搭載しています。スマートトレーナーの一番のメリットは、高価なパワーメーターを持っていなくても負荷装置がペダリングパワーを計算してパワートレーニングをすることが可能です。さらにANT+やBlootooth対応のケイデンスセンサーや心拍センサーを持っていれば、本体がそれを受信してスマホに表示させることができるのでより本格的にトレーニングデータを集められます。近年話題となっている「ZWIFT」にも対応しており、インドアトレーニングをさらに楽しくすることができます。

 

 これらがどんどん進化してくると外を走るよりもローラー回している方が楽しくなってくるかもしれません。室内だと天候に左右されないし、落車や事故のリスクもなくなります。気軽に始められるしやめたい時にはすぐ終わらせることが出来ます(家まで帰ってくることを考えなくて良い)。今後はオンライン上でのバーチャルなレースイベントも増えてくることでしょう。

 レースやトレーニングはそれでも良いかもしれませんが、いくらバーチャルリアリティーが発達しても「自分の力で空間を移動する喜び」はやはり実走でしか体験できないですから、道路から自転車が消えてしまう心配はまだなさそうですね。

 

Tacx SatoriSmart T2400

負荷装置:マグレット式

負荷制御:10段階

最大出力:950W

通信規格:ANT+、Bluetooth Smart

メーカー価格¥47,412

サガミ特価¥39,500(税別)

 

text■塚田

0 コメント

ガチムチ系カーボンフレーム

 高品質で低価格の台湾大手カーボンフレームメーカー「CKT」の新製品が入荷しました。

 太目のダウンチューブとトップチューブで剛性の高さを予感させるフルカーボンモデル「579」。カーボン素材を生かしたマットブラックカラーに蛍光オレンジを差し色とした見た目にも重厚感があるデザインです。

続きを読む 0 コメント

サイクリング会(銭洗)

 一月も半ばを過ぎましたが、今年最初のサイクリング会です。コースは定番の鎌倉銭洗い弁天。

 今日は今年一番の冷え込みということで極寒用の冬装備を惜しみなく投入しましたが、それでも走り始めは指先がちぎれそうに痛むくらいの寒さでした。ただ、心配していた路面の凍結がほとんどみられなかったのは幸いでした。

 個人的に数日前から腰の具合が良くなかったので、銭洗い弁天の激坂を登りきれるか不安がありましたが、インナーxローをシッティング高回転でなんとかクリアできました。初挑戦の参加者も数名いらっしゃいましたが、みなさん無事に登りきったようです。

 帰路は日が出ていたせいで思いのほか体は温まってきました。冬本番を迎えますが、夜と早朝を避ければまだまだサイクリングは楽しめそうですね。

 

 こんな感じで今年もサイクリング会をぼちぼちやっていきますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。次回は2月11日、土曜日(祝日)に開催します。

 

text■塚田

続きを読む 0 コメント

パワーモジュレーターとは

クロスバイクのフロントVブレーキにはパワーモジュレーターというパーツが装着されていることが多いです(リアにも装着されているモデルもあります)。

パワーモジュレーターはVブレーキのバナナ部分に内蔵されているバネです。シマノSM-PM60や70のような大型パワーモジュレーターが装着されている場合もあります。このパワーモジュレーターはどのような目的で装着されているのでしょうか?

続きを読む 0 コメント

キシリウムPROカーボン

あけましておめでとうございます。

サガミサイクルは1月4日より元気に営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今年の新春初売りセールの目玉商品をご紹介します。

 

続きを読む 0 コメント