シマノ x カンパニョーロ(素朴な疑問23)

毎夜業務様からのご質問

 

質問:シマノコンポの自転車にカンパニョーロのホイールは邪道ですか?

 

 いつもご苦労様です。

 自転車のコンポメーカーは現在、シマノ・カンパニョーロ・スラムの3大メーカーが市場を占めています

 シマノとカンパニョーロをミックスで使用するのを「シマニョーロ」と表現するのは誰しも一度は耳にしたことがあるかもしれません。スラムとカンパニョーロだったら「スラニョーロ」となります。

 シマノとスラムではどうか。試しに「シマラム」でググってみると某ファッションセンターが検索上位にヒットしてしまいます。どうやら「スラノ」と表現するのが一般的なようです。

 ちなみに私は変速機系統をカンパ、フリーをシマノ、ブレーキをスラムで組んだ自転車があるのですが、この場合は何と呼びましょうか。「カンスラノ」でも「スラニョーマノ」でもいいですが、「シマニョーラム」というのが単語の響きとしていちばん自然ですね。「国際フォーラム」みたいな感じです。

 

 さて、話が逸れました。シマニョーロが邪道だという考え方は最近ではあまり聞かれなくなったような気がします。カンパニョーロで組まれた自転車にシマノホイールというパターンはあまり見かけませんが、逆の組み合わせは割りと一般的によく見られます。一定の市民権を得たと言っていいと思います。

 いにしえの時代には「サンツァー」や「サンプレックス」、「ユーレー」、「マヴィック」など多くのコンポメーカーがしのぎを削っており、ミックスで使うのが割りと当たり前でした。現在では互換性の問題で全てのパーツをミックスするのには無理がありますが上位グレードの11速コンポどうしであれば、ブレーキキャリパーやチェーン、クランク、フロントディレーラー、スプロケットなどはある程度組み合わせて使用することができてしまいます。

 「パーツカスタム」は自転車の楽しみ方のひとつでもあります。無理な組み合わせで危険を伴うのでない限り、楽しみ方は本人の自由でいいと思います。

 

 答え:「シマニョーロ」という言葉は、もはや死語かもしれません。

 

text■塚田

 

※自転車に関する(関しなくても)皆様の素朴な疑問を募集します。

メールはこちらまで sales@sagami-cyc.jp

件名に「素朴な疑問」とご記入いただければ、個別にメール返信をせずに、ブログで回答します。匿名でもかまいません。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    はらだ (日曜日, 14 8月 2016 22:29)

    シマノのホイールに、カンパフリーはなかったかと…
    でも、レバーとブレーキをカンパ、変速系をシマノとかは試してみたいですね。

  • #2

    サガミサイクル塚田 (月曜日, 15 8月 2016 11:53)

    はらだ様
    シマノホイール+シマノカセット+変速系統カンパニョーロ
    11速だったらいけちゃうんです!